ひょんなご縁から私の手元にやってきた1冊。
以前、記事をUPした
『許されようとは思いません』
と同じ作者である 芦沢央さんの作品です。

平易な言葉で軽やかに綴られる文章は
やっぱりとっても読みやすいし、
読み終わったときに感じる
ドラマ『水戸黄門』バリのスッキリ感も好きです。

好きです・・・・・・・ が。

『許され・・・』 とは、大分毛色が違うかなぁと。
振り向いたらそこにある ”ぞぞっと感” を
今回は感じませんでした。

明るく、健康的な印象を受けるこの作品はだから、
所謂、”ラノベ” っぽいかなぁ…。
(正確には ”ライト・ノベルの何たるかは分かってませんが…^^;)

序章は、パワハラ上司の不正をやってる証拠を手に入れるために
あれ頃やっちゃう話
第1章は、近頃離婚してシングルマザーになったママが
弟思いのお兄ちゃんにハッとさせられる話
第2章は、女の子に振られた男の子が女の子が観たかった舞台を餌に
もう1度会おうとしている話で、振られた理由に思い当たる話
第3章は、とある舞台でキーパーソンを演じる俳優の下に
脅迫状が届いて、本番前なのにあたふたする話
第4章は、老け役を得意とする女優のマネージャーが
女優のことを守るべく奔走する話
終幕は、勧善懲悪のスッキリ感。
そして
これは、恐らく図書館で借りるときには読むことが出来ない
後日談的掌編。
(ブックカバーの裏にびっしり1編あるって!! 
 この頃そういうの流行りですか?)

1章1章別の物語としても読めますが、章同士が
うっすら関係しあってます。
(ん~~~。その必然性はあまり感じなかったけども)
前の章の主人公が、次の章では背景の一つになるって書き方、
クスッと笑えて好きです。^^

罪なく、お手軽に、ふふふっと笑いたいような気分のときに
お勧めの1冊。
何しろ、さらっと読めちゃうんで♪
ただ、私としては、次回を期待したいです。(コラコラ)


う~~~ん。
とうとう大っぴらに名前が付いちゃいましたか。

なんだろ、名前がつくと
一気にその認知度が上がるせいか
今まで隠れていた ”その手のこと” が表面化して
事件の件数が増えるように思えます。

追い抜かれたからって、何で怒る必要があるん?
自分の前に入ってきたからって、
どうして、怒る必要があるん?
まぁ、たまに、どうしてこのタイミングで割り込んでくる!?
ってパターンはありますけど、
それだって、人殺しするようなレベルのことなんかな?

分からん・・・
理解できん…

私なんて、未だに運転するときは、いっぱいいっぱいで
すみません、すみません、お願いです。入れてください。
とか、
ごめんなさい、ごめんなさい、今駐車しますから
ちょっと、というか、気長に待ってやってください。
さもないと、あちこちぶつけちゃうんで。
とか、ホントにそんな感じなんで
いつ、殺されちゃうか分かりません。

そう言えば、こう言う暴力的なことはないけれど
非常に困ったチャンがこの辺を車で走ってます。

我が家は細めの道に面しているんですが、
それと並行するように、すぐ前に倍はありそうな道幅の道路があります。
住宅地でもあり、その狭いほうの道には
その道に面している家の人が車を停めたりするんですが、
その狭いほうの道をわざわざ選んで入ってきて
停まっている車が邪魔だとクラクション鳴らしまくる人が…

ま、確かにね? 一応公道ではあると思うんですよ?
だから、駐車禁止なのもそうなんでしょう。
だから、そのクラクションの人が言うことが法的には正しいんでしょう。
だけど…
わざわざ、広いほうの道をあえて使わず
狭いほうの道に入ってきてクラクション鳴らすて…。

その方曰く、
仕事で急いでいるから、1mでも短い距離を走って
1秒でも早く品物を移動させたい
そうなんだけど、
一々クレームつけてことを荒立てるほうが
よ~~~~~~~~~~っぽど時間がかかるわけです。

ってことは、
1秒でも早く云々と言うのは、単に口実であって
一番の目的は、人を嫌な気持ちにさせること
じゃないかと、こちらは勘ぐってしまうわけです。
(最初の一言目から、物凄く喧嘩腰だし~~ ^^;)

法と言う虎の威を借る狐に、私には見えます。

普段、よっぽど誰にも相手にされない人なのか?
もしくは、身近な人に虐待を受けているのか?
どのみち、ストレスフルな毎日を送っているんでしょう。
そうででもなかったら…
人間としてみっともなさすぎるもの… ねぇ…

だからなのか、その人
自分が正しいと、しかも、後ろめたいことなど何もないとなれば
堂々としていればいいんでしょうが
いざ、どこの誰だかを訪ねると、そこは明らかにしたがらない。^^;
まぁ、私も地味ぃ~~に性格悪いので
しっかり、その車のナンバープレート写メしてたりするんですけどね。
これ以上、ことがヒートアップしたときには、
もしかしたら、何かの役に立っちゃうかもしれない。
(立たないほうがいいけど)

わざわざ、イヤな思いをさせようとするなんて
粋じゃないよね。
江戸っ子が見たら、嘆くよ、きっと。

ねぇ、思い遣り合うって、
甘ちゃんの幻想ですか?



2017.10.27 壁のお話
周囲と我を隔てるもの、が壁かー
そんなこと意識したことなかったけど
壁を定義したら、そういうことになるのかな。

誰が誰よりどう勝ってる、とか
誰が間違っていて、誰が合ってる、だとか
マウンティング? って言うんだっけ?

くだらない。
心底くだらない。


『ゲゲゲの鬼太郎』の中に出てくる
”ぬりかべ” は、キュートで大好きなんだけどな。




あざといなー
あざといっ!

と、分かっていつつも
性懲りもなく、ウルッとしてしまう
単純あほ~~~な私… σ(^^;)

”森永ココア コネコとママのココアニメーション”
https://youtu.be/GPyj4K2UyN4

おおよそ1分半の動画でした。
ちら見でも如何? ^^ ♪


2017.10.24 大痛手・・・
トイレが壊れました…。
タンクから何から何まで総取っ換えすることに!!!
ひぃ~~~~、マジですか!?

夫に相談したけど、
全面修理にはいい顔されず。

も~~~、私が出すと決めて
とっとと修理してもらいました。
だって!!! トイレ使うもん!!
水漏れしてたら大変なんだもんっ!!
トイレ水浸しとか、ホント、困るからっ!!!!!!

諭吉さまが団体で
そう、マイクロバス貸し切りレベルで
お出掛けあそばしました。

おぉ~~~~ん
もう、帰って来ない・・・・・・・・・・。

パート主婦には痛すぎる出費です。(大号泣)