なんか~~~
誘われたのって…
ちょっと勘違いしちゃってました。 ^^;

その勘違いの結果
ファンクラブの会員になっちゃった!

あれ~?
おっかし~な~
そのつもりじゃなかったんですけども。

まぁ… いっかいっか!(笑)


指折り数えて待ってましたからね♪
もう、初日に行って来ましたとも♪

怖い映画はとにかく全てダメだったのに
(『ジョーズ』なんかも決して見られなかった…)
今は、好んで見に行っちゃうとか、図々しくなったなぁ…

さて、そんな私のことはさておき。

言わずと知れた恐竜によるパニック映画のシリーズです。
パークが3部作だったことを踏襲してなのか
ワールドも3部作になるようで、今日観てきたのは、
その真ん中の話になるパート2。

いやぁ…。ドキドキハラハラ、スリル満点でした…。

隔離と言うか、放棄されていた恐竜たちが生きる島が
突如、火山活動が活発化して噴火に次ぐ噴火してしまうと言う
パニックに陥るのが、人間側だけじゃなく、恐竜たちにも及んでいる
と言う舞台設定から話は始まります。

かつて地球規模で起きていたかもしれない話ですよねぇ。
恐竜絶滅の引き金になったかもしれない火山の大噴火。
再び恐竜たちは絶滅してしまうのか!?
それとも…???

”人間”  ”恐竜”  保護する?
絶滅危惧種だと言われれば、(いや、既に一回絶滅してるし!)
そうなんですが、
恐竜こそが地球の支配者だった時代が長かったことを考えれば
それが、如何におこがましいことなのか
考えなくても分かりそうなものです。
だけどね~、それだと話が始まらないんで~(笑)

恐竜たちを別の島に移送し、そこで生きてもらう
との計画が持ち上がります。
でも、こういう一見善意なことってウラがある。
(いや、ないとやっぱり話ならないからね~)
そして、裏のことを知らずに
この計画に巻き込まれて裏切られるのは、前作の主人公2人+α。
そう言えば、パークでも主人公たちは巻き込まれ型でしたっけね。
気の毒です。面白いけど。

前作で人工的に作られた新しい恐竜インドミナス・レックスは
1体だけで、映画の終わりにモササウルスにあぐんちょされたので
今回は骨でのみの出演です。
が、人間はどうしてこうも禁忌に手を出したがるのか…
もうバカとしか言いようがない。
あぁ、でもそう言やバカ者博士、生き延びてたもんなぁ…

どの恐竜も、人工的に復活させられたと言えばその通りで、
だから、そもそもジュラシックのシリーズに出てくるすべての恐竜は
まがい物なのだと言われれば、そうかもしれませんが、
でもやっぱり、かつて自然界が生み出した種は
後から人間がハイブリットした恐竜よりも生きる本能において上!
のように描かれますね。
前作も、そして、今作も。

ティラノサウルスとヴェロキラプトルは今まですべての作品内で、
非常に重要な役割を担ってきましたが、今回もそれは変わらず。
人間を助けるつもりはないんでしょうが、
助けるようなタイミングで出現することも少なくありません。
人間は”漁夫の利”的に助かったりなんかして。(笑)

でも、やっぱり特筆すべきはヴェロキラプトルのブルーでしょうね。
あったまいいんだ! 勇敢だし!
今回の主役の一人と言っても過言ではない♪ と思う!

ふぅ~、喋りすぎましたか?
と、とにかくですね!
非常に満足しました。
もしかしたら、あと1回くらい観に行っちゃうかも
ってくらいに。



PS インドラプトルが笑うシーンがあるんですが…
   もんのすごく怖いです。 必見です。



2018.07.09 発作(笑)
いつもの発作なので、気にせずスルーしてください。
なんでこう、ポツリポツリのタイミングで胸をかきむしりたくなるような
激情に襲われるんだか。因果な性質をしております。


私が空っぽなのは、私自身のせい。
今までの生き方に問題があるのは間違いない。
でも、たぶん、どこかの時点で生き直すことが出来たとしても
同じ道しか歩けない。
とことん、ダメだからね、私って。

人の形をした虚ろな器をだから、
必死に満たそうするのは、たぶん本能に近い。
満たすものは、音楽も悪くない。
ゲームもそうね、悪くない。
だけど、やっぱり ”物語” には敵わない。

すっかすかの自分の中に、
放水するような勢いで、物語を流し込む…
けど
それは、やっぱり自分じゃないから、
決して器は満たされはしないのね。
注いでも、注いでも、奥底に届くまでには、虚しく消え果てて。

物語の登場人物たちは、過酷な運命を歩んでも
それに対抗しうるような才能を持ち合わせていることが多い。
逆に言うとその才能に見合うだけの障害があるってことなんだろうけど。
努力しない癖に、障害を越えようともしない癖に
恵まれてるものだけに目が行って、それが欲しくなる。
お話になんないよね、まったくもって。
分かってる。

分かっているからこそ、なんだかね。
もう、くしゃくしゃっとして、ポイって自分を捨てたくなる。
だって… まったく不必要なんだもの。
どこにも要らないんだもの。


2018.07.08 羽化
魔物も羽化をするらしいですが
どんな形態からどんな形態に変化するのか
知り様はありません。

が。

今日、生まれて初めて、セミの羽化を見ました。
テレビではよく見ますが
実際にこの目で見るのは初めてだったので
思わず、見入りました…。
さなぎから成虫になるのって、真夜中とか明け方とか
鳥があまり飛んでこないような時間帯だと思ってましたが、
私が見つけたのは、午後4時過ぎくらい。

あまりにも鮮やかで透明なグリーンが目を引いて
ふと、目をやったら膝の高さくらいのところで
それは始まっていました。

ゆっくりなされるものだし、時間帯のイメージも違っていたので
死んじゃってるのかと思ったんですが…
じーーーーーっと見ていると
どうも、ちょっとずつさなぎから出てきている気がする。

もうね。そのまま見続けましたよ。

徐々にさなぎから頭が出てきて、足が1本ずつ出てきて
お尻まで出るのにも、一苦労。
漸く体全部が出ると、翅を伸ばすのにさなぎが邪魔だったのでしょう。
自分が今出てきたその虚ろを蹴落としてました。
はいはい。結構な勢いで落としてましたよ。

そのあと、翅が見る見るうちに伸び、ヘラヘラだったのが
所謂、よく見る蝉の翅のような角度になり
翅の模様もはっきりしてきました。
身体はだんだんと茶色になり…

この後も、ず~~~っと見ていたかったんですが
なにぶんにも夕方以降の主婦は忙しい。
1時間半くらい見て、そのあとは諦めることにしました。
ホントは、飛ぶまで見ていたかったんだけど…
いたしかたないですよね。

あぁ、でも、美しかった…。
虫は全般的に嫌いだけど、
羽化は本当に美しかったです。
もうこの先見られる気はしないけど、
見られてよかった…

今日は、仕事で結構なミスやらかして落ち込んでいましたが、
それを挽回してなお、おつりがくるくらい
ラッキーな出来事でした♪

あ~~~ 私にも羽があったらな…。



2018.07.07 いい夢を
どんなに音楽が好きでも、
やっぱり食傷気味になることもあるはず
でも、最後まで笑顔でいることの凄さ。

指先まで気を通すその気力で
全体的な美を崩さない。

プロだなー

お疲れさま、今夜はしっかりお風呂に浸かって
夢のない眠りを。
もし見るのなら良い夢を。

おやすみなさい……


追伸
最後にお師匠さまのこと話してくださって
どうもありがとう♪♪
とーーーっても嬉しかったで~~す\(^-^)/