2017.05.29 検察側の罪人
来年公開予定映画の原作です。
雫井脩介さんの作品です。

『罪の声』もなかなかのボリュームでしたが、
この作品もボリュームたっぷりで500ページ超えの大作でした。
そして、内容も重たかったですね…。
読み終わって、何とも言い難い気持ちになります。

映画も未公開ですし、物語はサスペンスなので
あまり内容をつまびらかにするのはいけないよなぁ。

でも… なんだろ。
そう… テーマとしては
”正義” とは、何か?
ってのがありそうです。

正義。
難しいですね。
『相棒』 の杉下右京さんなら、シンプルに答えてくれそうですが、
それはそれで、人間としての揺らぎがまったく考慮に入らないので
一般的な感じ方とは少し違う気がします。
かと言って、なんでも情状酌量していたらキリがないし
斟酌の度合いが人によって違っていることもあって
それも ”正義” から離れてしまいそうです。

この作品の中、極めて最初のほうに
「その正義っていうのはなんなんだよ? 残念ながらそんなものはないぞ。
 あるとすれば、それは偽善者の幻想だ」
なんてセリフが出てきます。
これは、お酒の席で検事の雛たちが交わす戯言(?)の中に出てくるんですが
実は、この物語の中核をなす考え方なのかもしれません。

話は蒲田で起きた老夫婦殺害事件の犯人とされる男が
送検されてきて、それを落とすべく取り調べをしていくシーンが
前半、多く描かれています。
だけど、話の中心はそっちじゃない。
容疑者と警察、もしくは検察の丁々発止を描いていくのが
よく見知った話のパターンだと思いますが、この小説は違うので。
スポットはほぼほぼ取り調べる側に当たっています。

小説としては、途中、あまりの ”ありえない展開” に心が離れそうになりますが
映像化には向くかもしれないですね。

物語の主役は2人の検事。
一人目は刑事部本部係の最上毅検事。
演じられるのは、今回で、検事役は『HERO』の ”久利生公平” と
2度目になるのかな?
もっとも今回演じられる最上検事は正統派エリートのようですが。
そして、もう一人の主役は
その最上検事を慕いながらも、後に対立してしまう後輩の沖野検事。
こちらは、四男さんに配役が決まっているようです。

知力と精神力を振りしぼっての対決は真っ白な火花が散るような
苛烈を極めるものになりそうです。
見ごたえ、あるんだろうなぁ… (いや、あって欲しい!)

ただ・・・・・・
いやいや。
公開を待とうと思います。




2017.05.24 美談
恐らく、別のベクトルではあるんだけど
スキャンダルと同じくらい注目を浴びる
”美談”。
見たり聞いたりすれば、心温まると言うことで
ある種、心のサプリメントみたいな部分があるんでしょう。

うん。悪くない。
根が単純なんで、す~ぐ感情操作されちゃうタイプです。^^;;;

んでも。
たまには素直に流されないこともあって。



シングルファーザーが娘のために
毎日お弁当を3年間作ったと。
最後のお弁当には最初に作ったお弁当の写真と
メッセージが添えられていて、
作って貰っていた娘さんがそういうことを全部ひっくるめて
パパのお弁当は世界一だとツイートしたそうで。

愛情と感謝
というパッケージは、確かに素敵。
ステレオタイプだと言われても、素敵だと思う。

だけど、このケースだけとってみると
パパ、勿論のこと、朝から晩までお仕事があったはずです。
それだけでも、大変です。
だとするならば。
お弁当を作るのは、パパが娘に、じゃなく
娘がパパに、じゃなかったのかなぁ…。

シングルファーザーやシングルマザー。
そうなった理由は様々だとして
でも、大変さで言ったら、両方相当しんどいと思われます。
親が子供にお弁当を作るのが当たり前みたいな風潮はありますが、
逆があってもいいんじゃないか????

それとも、そっちのほうが寧ろスタンダードで
美談として取り上げることができないってことなのか???

うーーーーーーーーん
なんとなく、疑問符が浮かんでしまう。
母親が入院することがちょいちょいあったときに
父親の分までお弁当を作っていたかつての少女で~したっ。



2017.05.22 罪の声
番組改編でもうこの番組はなくなってしまったんですが…
"books A to Z" で紹介されていた1冊です。
これは、是非、リンクを貼った番組のページに飛んで
ブログの文章と、音声と両方チェックして頂きたいです。

さて、と。
作品ですね。

この小説は、塩田武士さんの手によるものです。
小説です。フィクションです。 
そう、フィクションではありますが、モデルになった事件はあります。
ある一定以上の年齢の方なら、誰もが覚えておられるんじゃないかな。
”グリコ・森永事件” ・・・・・・・
まぁ、事件事故はどれも嫌なものですが、
これもイヤな事件でしたね。しかも、未解決。
でも、未解決だからこそ、憶測を呼ぶし、いじりたくなるのか… --;

プロローグは、ある男性の探し物から始まります。
母親に頼まれて、アルバムを探すんですが、
そのとき、偶然見知らぬ箱に気がついて…
開けてみると、黒革の手帳とカセットテープが出てきます。
手帳には、びっしり英文。
好奇心から、テープも再生してみるんですが
そこから流れてきたのは、昭和の未解決事件で使われた
脅迫の音声テープ。
しかも、その声の主は、幼いころの自分!?
これって一体どういう!?
自分の家族が恐ろしい犯罪に関わりがあった???
その疑念をはっきりさせるべく、この男性は事件を探っていくことになります。

一方、とある新聞社の ”年末特別企画” とやらに駆り出された
のんびり者の記者も、この ”グリコ・森永事件” じゃなかった、
”ギン・萬事件” を追うことになります。

何かを調べると言うことは、
気の遠くなるような膨大な労力を惜しまず使うこと。
だとは思いますが、(事件に限らず、ですよ!)
この小説の中でも、それは変わりありません。
運とか、タイミングとかあるんでしょうけれども、
最初、雲をつかむような話だったのが
細い糸を手繰るようにして段々近くなり、実像を結んでいくんですが
その緊迫感たるや。
ページをめくる手が止まりません。

明らかになっていく真相
犯罪に手を染めた人たちの暗い心のグロテスクさ
そして、巻き込まれてしまった罪のない人たちの
理不尽な事件後の人生
もう、どれをとっても心がかき乱されます。

これ以上書きすすめると、うっかりすべてネタばれしてしまいそうなので
この辺で止めておきますが、
サスペンスがお好きな方なら、嵌れると思います!
409ページとなかなかにボリュームがありますが
読んで! 読んで! 読んでーーーーーっ!



2017.05.15 この先?
心が動かない日々を送っているわけじゃありません。
相変わらず、咲き乱れる花や緑は瑞々しいし、
空もどの天気でも美しいし
鬱陶しいと思われがちな雨にも心引かれています。
どこからとなく香って来る花の匂いに幻惑されて
心がどこかにふわふわ漂い出てしまうこともあります。
(幽体離脱ではない!)

けども。

心動かされることがあったとして
それを書き記していくことに価値やら意味があるのか?と
ふと疑問に思ったら
そこから動けなくなってしまいました。

うん、知ってる。

ホントのホントは、価値も意味もないってこと。
だけど、自分の覚書みたいに残しておきたいなぁって
そういうこともなくなっちゃって。

自然消滅的に消えていくのが正しい。 きっと。


2017.05.10 激動中
世界情勢があまりに目まぐるしく変わっているので
ジェットコースター乗っているときのように
軽く乗り物酔いしそうです。

取り敢えず、近々にEUが崩壊することは避けられたようで
経済の大混乱は先送りになったのかな。

そして、お隣の国も新大統領が決まったようで。
日本憎し路線は、基本揺るがないとして ^^;;;
親北なんだとか???

え。心配…。

統合して、1つの独裁国家になっちゃうとか…
ないよね?
ね?ね?
うん。まさかね。ないよね。