待たれてないことを承知しつつ~♪

収録順にメモ程度、ねっ♪

末っ子さん監修曲がまず。
心地いい速さで展開する明度の高い曲。
今の自分たちそのものをさら~っと。
”永遠”と言うものは存在しないのだけれど、
今は信じていてもいい。^^

次が三男さんの監修曲。
はははっ なんか昭和~~~~
添えられた写真のせいかなぁ
それと、曲中の合いの手のせいかな。
硬派な応援団の男の子を連想します。
元気~~~~ (笑)

次は監修じゃなくて二男さんのソロ。
曲調はどこまでも明るく、詞の内容もとっても前向き。
一番アルバムタイトルに沿った曲かも。
ちょっと優等生にすぎるきらいはあるけどね。^^

次もソロ曲。三男さんですね。
冒頭、英語の歌詞でスローのスタート。
そこが終わると、昭和の歌謡曲みたいになるかな。
元気なイメージの三男さんだけど、
スローテンポの本気のラブ・バラード歌ってみればいいのに。
ハマると思うけどな~。

ソロ曲が続きますね。今度は長男さん。
「えっ!?」という衝撃。
いつもの路線と、だいぶ違うのでは?????
歌声、こんなに加工して、ファンの人たちには… どうなんだろう?
面白いけどね。

監修曲がまた入ってきました。四男さんですね。
どこがどうと説明できないのだけど、
なんとなく、全体的にトリッキーな香り。
悪戯が仕掛けられてるかのような印象があるだな~。
どうしてだろう。
曲の向こうに、ニヤッと笑ってる四男さんが見える気がする。

監修曲に続いて、四男さんのソロ。
作詞が連名になっていたのだけれど、
どの程度、四男さんの詞なんだろうな。
いかにも ”らしい” 詞の展開の仕方だと思うんだけど。
ブレイクが長いのも ”っぽい” 。
この曲に関しては、もうこの世にいない恋人を歌っていると言うよりは、
自分の元を去って行ってしまった女(ひと)を想っているように聞こえるな。

次はまたソロ曲。末っ子さん。
いっつもセクシー路線の曲を歌うイメージなんだけど、
そういう曲よりも、これくらいの軽やかさの曲のほうが似合う!
と思うんだけどな~。
爽やかな曲調の曲、もっと歌ってくれたらいいな~。

次が長男さんの監修曲。
実はこのアルバムの中で一番好きな曲。
曲調もそうなんだけど、
声の重なり方が、本当にきれい。
歌の中、泳げそう… な感じって言ったら
却ってなんのこっちゃか分からなくなるかな。

最後に二男さんの監修曲。
心明るいときの歩く速度を感じさせる曲。
しなやかな強さが込められていて、いいな。
頑張れ! を押し付ける歌じゃなく、
落ち込んで座り込んでる人の手を左右から引っ張って
ひょいっと立たせて、その背中もちょっと押しちゃう感じかな。


さらっとメモったつもりだけど、やっぱり長くなったかな。
ま、いっか。


♪ しあわせですか しあわせですか あなた今
   何よりそれが 何より一番気がかり ・・・・・・・ ♪
       ※ 『しあわせについて』より 冒頭抜粋
この歌は… そう、優しい祈りの歌ですが…

しあわせってさー、難しいですよね。
何がしあわせで、何がしあわせじゃないのかって、
難しすぎて、私には分かんないです。 ^^;

だから、幸せ? なんて、お願い、訊かないで…
”勿論、幸せ” 以外に答えるべき言葉を持ってない、から。

さて、本日最新アルバムリリース日。
記事の冒頭に出した歌詞と同じ意味のタイトルを冠しています。

シングルで既にリリース済みの曲が4曲
それぞれのソロ曲が1曲ずつで5曲
それぞれの監修する曲が1曲ずつで5曲
リード曲と、あともう1曲の 初回限定は16曲の収録。

監修??? 監修って、なんだ???
どういうことをしたってことなんだろう?
ん~~~~
知りたいけどなぁ、知る術が私にはないなぁ、残念。

初回限定にのみ入っているMVとそのメイキング。
見てるほうは楽しいけど、作るほうは大変だ、これは。
これなら、メッチャ踊る曲であってもしっかり振り付けが決まっていたほうが
まだ楽だったんじゃなかろうか。
こんなに何パターンも何パターンも何パターンも用意して
使うのは、それぞれほんの少~~~~~しずつ ^^;
しかも、振りをつけたバージョンのその振りが
漏れなく足が攣りそうな動きばかりで見るからにきつそう。
ちょっと気の毒になっちゃったな。
仕事って、大変。

それだからかなぁ。
相変わらず、仲がよさそうで
相変わらずのじゃれっぷりなんだけど、
それが、少し演技が入ってるように見えるんだけど…。
気のせいか??
疲ぁ~~~~~れて見えるんだけど…
それは、たぶん気のせいじゃないよね。

忙しそうだし、年齢も… まぁ、上がってきてるし。

仕事は、いいことばかりじゃないのは周知の事実。
疲れていても、それを表に出さないってこともマナーの内。
それも知ってる。
けど、
楽しんで仕事出来ることを願わずにはいられません。

Take it easy!  Have fun!

あら、曲のことまで行かないうちに長くなっちゃったよ~ ^^;
続きは後日、だな。
(や、誰も待ってねぇ~しっ)


ん~~~~、曲のタイトルはたぶん、こんな意味。
た、たぶんよ?

『Zootopia』の『Try Everything』って曲は
失敗しても大丈夫! いやむしろ、失敗は財産だよ!
まだまだ挑戦しよっ♪
ってな前向きな曲だって言う認識なんだけど、合ってるかな?

それに対して、今日のタイトルですが。
結構前からリリース前の最新アルバムのリード曲が
放送解禁になってましたね。
これも、ある意味応援歌ですが…
聞くとクスクスって笑っちゃうような応援で。
なんつ~か、開き直ってるっつ~か
ちょっとやけっぱちっつ~か…
ねぇ?

でも、実際の生活で考えるならば、
一点の曇りもなく、疑いもなく、メッチャ前向きって
案外難しいですよね。
ならば、少々開き直っちゃって
開き直った上での前向きってリアルなのかも。

一番最初耳にしたときには、違和感がありましたが、
耳慣れると、ふふふ、ハマる (笑)

振り付きで聞くとまたちょっとニュアンスが変わる気も。
開き直った感じが薄まるかな~
だって、た~のしそ~なんだもの、歌ってる姿が。

幸せかって?
Happyになる方法、おわかり?って?
そうねぇ…。
ま、今は、ちょっとだけ笑ませて。 ^^



本日、リリース日。
ではありますが。
届いてな~~~いっ! 手元にな~~~~いっ!

ま~~~~、いいけど。 --;
その内来るんだろうから。

初お目見えだったのは、この夏の始まりの頃。
んで、
オリンピックのニュースのたびに耳にする機会があって、
だから、
今更のリリースは、ちょっと気の抜けたサイダーみたい
って気もしないでもない(笑)


リオと言う場所を汲んでか
曲調はサンバのイメージ。
明るくて、華やか♪
でも、詩を読んでみると、ノーテンキって訳じゃないのね。
まぁ、オーソドックスと言えば、オーソドックスなんだけど。
(所謂、定番ね)

今回、私が好きなフレーズが♪
 ♪ うるさいほどの静寂 ・・・ ♪
という一言。
”うるさいほどの静寂”! 相反する言葉の組み合わせだけど
分かる気がする。 しっくりくる気がする。
うんうん、究極の静寂って、うるさいんだよな~
物凄い騒音でも耳が圧迫されるけど
無音でも耳が圧迫される気がするからかな。

とりあえず、いまはこれだけ


to be continued??

2016.08.30 天の階
33歳おめでとうございます。
今回のタイトルは、春クールの主演ドラマ主題歌から
やっぱり少しひねって付けています。

主演映画決定おめでとうございます。
今はだから、3人は映画撮影でお忙しいでしょうか。
今回の高校教師役、如何ですか?
私の知る限り、「動」のイメージの強いあなたではありますが、
原作通りならば、葉山先生は「静」、ですよね。

けれど。

原作を読む限り、ミス・キャストだとは思えませんでした。
物事の考え方の基本、少し似てらっしゃるんじゃないかな。
少なくとも、葉山先生のセリフをしゃべっているシーンを思い浮かべても
違和感はありません。
もっとも、原作と映画ではセリフもだいぶ変わって来るでしょうけれども…。

葉山先生はヒロインから見ると、大人の男性ですよね。
繊細で優しい、気遣いの出来る大人。
だけど、その反面、弱くてずるい一面も見せます。
それは、過去にショッキングな出来事があって
深く傷つき、それを現在に至るまで解決せず引きずっているから。
さてその心の暗い部分、どう演じられるのでしょう。
いや、もしかしたら正確に言うと
そういう自分のマイナスの部分を表に出せるかどうか?でしょうか。
大人の男性は多かれ少なかれみんなずるいですから、ね。

って、それはあまりに意地悪な言い方かな…。 ^^;;

ラブ・ストーリーを多く演じられていますが、
実は、そういう恋愛劇の要素がない物語を演じられているときのほうが
好きだったりします。
え? いえいえ。 嫉妬によるものではなくて、ですよ。
華やかで艶っぽい雰囲気をお持ちですが、
そしてそれは、ラブ・ストーリーに向くものだと思いますが
それだけじゃない… はずです。

さしあたって今回はファンがヤキモキしちゃうようなシーンも
ある(かもしれない)切なくて儚くて激しいラブ・ストーリーですが
公開を楽しみにお待ちしていようと思います。

最後に、
更に飛躍の1年でありますように
Happy birthday to you!!