FC2ブログ
指折り数えて待ってましたからね♪
もう、初日に行って来ましたとも♪

怖い映画はとにかく全てダメだったのに
(『ジョーズ』なんかも決して見られなかった…)
今は、好んで見に行っちゃうとか、図々しくなったなぁ…

さて、そんな私のことはさておき。

言わずと知れた恐竜によるパニック映画のシリーズです。
パークが3部作だったことを踏襲してなのか
ワールドも3部作になるようで、今日観てきたのは、
その真ん中の話になるパート2。

いやぁ…。ドキドキハラハラ、スリル満点でした…。

隔離と言うか、放棄されていた恐竜たちが生きる島が
突如、火山活動が活発化して噴火に次ぐ噴火してしまうと言う
パニックに陥るのが、人間側だけじゃなく、恐竜たちにも及んでいる
と言う舞台設定から話は始まります。

かつて地球規模で起きていたかもしれない話ですよねぇ。
恐竜絶滅の引き金になったかもしれない火山の大噴火。
再び恐竜たちは絶滅してしまうのか!?
それとも…???

”人間”  ”恐竜”  保護する?
絶滅危惧種だと言われれば、(いや、既に一回絶滅してるし!)
そうなんですが、
恐竜こそが地球の支配者だった時代が長かったことを考えれば
それが、如何におこがましいことなのか
考えなくても分かりそうなものです。
だけどね~、それだと話が始まらないんで~(笑)

恐竜たちを別の島に移送し、そこで生きてもらう
との計画が持ち上がります。
でも、こういう一見善意なことってウラがある。
(いや、ないとやっぱり話ならないからね~)
そして、裏のことを知らずに
この計画に巻き込まれて裏切られるのは、前作の主人公2人+α。
そう言えば、パークでも主人公たちは巻き込まれ型でしたっけね。
気の毒です。面白いけど。

前作で人工的に作られた新しい恐竜インドミナス・レックスは
1体だけで、映画の終わりにモササウルスにあぐんちょされたので
今回は骨でのみの出演です。
が、人間はどうしてこうも禁忌に手を出したがるのか…
もうバカとしか言いようがない。
あぁ、でもそう言やバカ者博士、生き延びてたもんなぁ…

どの恐竜も、人工的に復活させられたと言えばその通りで、
だから、そもそもジュラシックのシリーズに出てくるすべての恐竜は
まがい物なのだと言われれば、そうかもしれませんが、
でもやっぱり、かつて自然界が生み出した種は
後から人間がハイブリットした恐竜よりも生きる本能において上!
のように描かれますね。
前作も、そして、今作も。

ティラノサウルスとヴェロキラプトルは今まですべての作品内で、
非常に重要な役割を担ってきましたが、今回もそれは変わらず。
人間を助けるつもりはないんでしょうが、
助けるようなタイミングで出現することも少なくありません。
人間は”漁夫の利”的に助かったりなんかして。(笑)

でも、やっぱり特筆すべきはヴェロキラプトルのブルーでしょうね。
あったまいいんだ! 勇敢だし!
今回の主役の一人と言っても過言ではない♪ と思う!

ふぅ~、喋りすぎましたか?
と、とにかくですね!
非常に満足しました。
もしかしたら、あと1回くらい観に行っちゃうかも
ってくらいに。



PS インドラプトルが笑うシーンがあるんですが…
   もんのすごく怖いです。 必見です。



Secret