2日目、前日に買ったパンでさっと朝ご飯を済ませ、
テクテク歩いて、JRの駅まで。
そこからカタコト揺られて行ったのは、保津峡。
トロッコ列車に乗りました。

川と並走するように走るトロッコからの眺めは
緑いっぱい、空いっぱい、自然いっぱい。
これもまた、京都の別の一面なんでしょう。

トロッコ列車の車体はとってもカラフル♪
遊園地の列車みたい♪♪
堅い木の直角座席はボックス型で
見知らぬ人たちと向かい合わせで座ります。
出発と同時にかなり揺れたので、地味ーに頭打ちました… ^^;;
大勢の駅員さん(?)たちが賑々しく手を振ってお見送り。
ちょっと照れるほどでしたよ。小さい子は嬉しいかもね。
本来は、終点まで行ったら、保津川下りで川を下って来ると
楽しいんでしょうが、その日は生憎、川の水位が上がりすぎて欠航。
結局、帰りもトロッコに乗って帰ってきました。(あらら)

そこから、私がどうしてももう一度見たかった祇王寺へ。
その途中で、なんか、怪しい呼び込み…
個人宅のようなものだけれど、公開してるとか何とか?
確かに、きれいに花が活けてあって、庭も好きなテイストだったけど。
おひとり様、3000円の入館料は、絶対高い。
私は断ったのに~~~~
夫は入ってみると言う… 
重要文化財とか、国宝とかになってる場所でさえ、
そんなべらぼうな料金取らないのに!
そもそも、建物の価値とか、飾ってある絵とか
私や夫くらいの審美眼じゃ、猫に小判、豚に真珠なのに~~~
後から調べたら、やっぱり一種詐欺だったようです。
あ~~あ、時間とお金がもったいなかったな。

で、祇王寺です。
ちょっと、昔の記憶の印象と違っちゃってたけど、
やっぱり好きだなぁ、祇王寺。
寺と名前は付いているけれど、本当に小さな庵は
ささやかな祈りをささげるに相応しくて。
そのひそやかさが本当に好きです。

本当は、トロッコの駅から向かう途中で
常寂光寺と二尊院、落柿舎に寄っちゃえばよかったんですが
来た道を戻るだろうなと考えていたので、
祇王寺の帰りでいっかと思っていたら…
それは思惑が外れちゃいました。
そこから、私は予定に入れていなかった大覚寺に足を向けました。
なんとものどかな道をテクテク歩きましたよ。
見どころは、御影堂のようです。
大正天皇御即位式の場、饗宴殿を移築したもので、
嵯峨天皇、弘法大師など、数体の像が安置してある…と。
あれ?? そんなにあったっけかなぁ…???
全体的におっとりと、風雅な雰囲気漂うお寺。
大沢池をすかして、建物を1度は見るべきだったな! 失敗失敗。

途中で、食べた昼ごはんは、何故かカレーライスで
まぁ、間違いのないお味と言うのは、いいですね、それはそれで。^^

そこからもう一度南に進路を取り、天竜寺へ。
この辺まで来ると、観光客がわんさかいますね~
ここでの見どころは、曹源池庭園。
もう、み~~~~~~~~~~~んな写真撮ってる。
庭の景観味わうどこじゃ、全然ない。
仕方ないけど。

法堂の天井に描かれた竜の絵は、
平成の世の作品で、天竜寺の新しい目玉のようですね。
どこから見ても竜から見られているように見える絵だそうで。
堂の中、あっち行ったりこっち行ったりしてみて…
あ、確かに。  ジロジロ… ジーーーーーー

そこから歩いて5分の渡月橋。
月が橋を渡っているように見える
とのお言葉から、渡月橋と名前がついたようですが、
橋… だねぇ。 普通に。
もう、色んな建物とか見過ぎて、感覚麻痺。
橋は橋に見えたわ…(笑)

この日の昼間バージョンはここまで。
そしてまた、夕方からは、特別展示企画の
二条城へ行って来ました。

や~~、ここも、中見なくちゃね?中を。
まぁ、いっか。
全部見ようなんてことがそもそも無理なんだもんね?

そう、それで、二条城の桜まつりですよ。
入って早々、プロジェクションマッピングがお出迎え。
これは、賛否両論あるだろうな~
こういうどこぞのテーマパークみたいなことやらなくても
十分、観賞に耐える城であり、庭園ですからね。
でも、私は楽しんじゃいました。
因みに、動画見つけたので貼っておきます。

やっぱり、桜はまだ、かなり控えめ。(1日で変わるわけない)
まぁ、この日も寒かったですからね。(特に夕方以降)
でも、木によってはかなり咲いているものもあって楽しめました。
やっぱり植物の素晴らしさよ!

ここでも、出店が出てまして、酒の試飲しちゃった♪
買わないでごめんね。
その代わりと言っちゃなんですが、ご飯のお伴は買っちゃった♪


ってな具合で、この日も終わって行きました…。

Secret