2017.04.08 お赤飯…
お赤飯… お好きですか?
私は・・・・・・・ 嫌いじゃありません。

が。
ひっでぇ~ことを言います。
人でなし! なことを言います。

楽しみも度合い重なれば楽しみならず
と言うように、
お赤飯、嫌いになりつつあります。

なにかっちゃ~ お赤飯を炊き、お福分けしてくれる義母。
や、ありがたいですよ?
ありがたいんですけど…
半月の内に、3回ともなると、ちょっと… ^^;;

しかも、ちょ~~~っと、恩着せがましい。 ^^;;;;;
お赤飯炊くの、大変だってことは分かるんです。
でも、その大変さをアピールされてもなぁ…。

特に、うちも炊き込みご飯作ってたり
リゾット作ってたり、カレー作ってたりする日にもらったりすると
もう… どないせ~っちゅ~ねんっ!
です。

まぁ、夫はそこそこお赤飯は好きですけど、
夜はお米の類は食べないから…。
朝は、6時ちょい過ぎには出勤しちゃうので
それまでに炊きあがってるってのは… そりゃ、ないし。

大姫も、小姫も、あんまり好きじゃない。

ど~~~せ~~~と????

ありがとうございます。と、笑顔で受け取りますけど、
その笑顔もひきつってるんだろうなぁ。
でも、気が付いているのかいないのか分からないけど、
「美味しいから、食べて♪」
って…
「もうね、歳だから、お赤飯ふかすのも大変なんだけどね?
だけど、ほら、お祝いでしょう? うんたらかんたら・・・・・・・・・・・(続く&続く)」
「あぁ、はい。 あぁ、ねぇ~? はい。 はい。 ありがとうございます。
ごちそうさまです。 頂きます。」
エ、エ、エ、エンドレス…

因みに。
お赤飯くらい、私だってできるんだよぉ~~ん。
電子レンジを利用するやり方なので、
めっちゃ短時間で。

夫は、私がそうやって義母に教わらずにお赤飯を作ることに
いい顔はしないですけどね。
だって~~~~!
ご近所に配りまくるほどの量、私が作ってどうなるのよ?
特別なものは、どっちゃりないほうがいいの♪
ちょっと足りないなって思うほどの量が、料理は適量です。





Secret