2017.02.27 花を召しませ
3月早々に卒業式が待っている小姫です。
あっという間だったなぁ…
生きれば生きるほど過ぎる時間に加速度ついていくよ。

って、今日はそれじゃなかった。

部活、先日の登校日の際、簡単なお別れ会があったようです。
小姫たち3年生が、完全に卒業なのもそうなんですが、
お茶の先生も、ここのところで辞められるとか。
小姫は、とっても感謝していて、尊敬もしていたようで
先生に花を作って持っていきたい、と言い出だしました。

花ことばとか、季節など色々調べて
小姫が作るのを選んだ花は椿。
人によっては、花が丸ごとゴトリと落ちることから
斬首を連想させるから嫌いと言うこともありますが、
お茶室によく飾られるお花のイメージでもあり、
私も賛成しました。

小姫のことだから、チャッチャッチャ~と作るのかと思いきや、
ちょっと買いかぶりだったかな。
まぁ~~~~、事細かに色々訊かれましたさ。
でも、説明はしたけど、手は出さず♪
で、ちょっと時間はかかりましたけど、しっかり出来上がりました。

登校日当日、しっかり紅二輪、白一輪の椿の花束を持って行きました。
「渡せた? 喜んでもらえた?」
の帰宅後の私の問いには、
「うん、たぶん。」
と、なんとなくはっきりしない答え。
どうやら、慌ただしさの中でお渡ししたようで、
ゆっくり言葉を交わす暇がなかったのかな。

ところが。
後からわざわざその先生からお礼のメールが届きました。
そこには
時間をかけて作ってもらったことが嬉しかったと
可愛らしい椿だと
そうありました。

小姫、嬉しかったと思います。
だって、それ聞いた私だって嬉しかったですもん。
まず、椿だと認識してもらえたことが嬉しかったし、
相手のことを思って過ごす時間を喜んでくれたこと
あぁ、お茶の先生なんだなぁと
そう言うところを汲みとってくださる方だったんだなぁと
それがやっぱりとっても嬉しかったです。

価値観と言うのは人それぞれですが
自分のために使われた時間を尊んで下さった先生に
感謝したいと思います…


Secret