2017.01.28 the last
一所懸命って、無意味で鬱陶しい。

って、考えたくはない。
私、”努力こそ宝♪” 的な価値観で過ごした昭和世代だから。
だけど、
まぁ…
これも、ある意味、真実ではありますかね。

私自身は、あくまでも頑張る人が好きですけどね。^^


さて。
もうすぐ2月になります。
高3の小姫、自由登校の期間に突入してきます。
なので、
もう、授業で着る白い作業着は先週でお役御免になりました。
そっかぁ…。終わりかぁ…。
一応、捨てはしないけど、もう、アイロンかけなくていいかな。
そして、
お弁当ももう作らなくて良さそうです。
楽になると言えば、なりますが、
なんだか、ちょっと。そう、ちょっとだけ寂しい気がします。

「約8年間お弁当作ってもらってありがとうございました。
 周りの友だちのお弁当が冷食でいっぱいの中、
 母メイド基本のお弁当、ありがたかったです。
 どれも美味しかった。」

と、面と向かって小姫が言ってくれました。
ふはは
さっすが、次女!! 長女の振り見て我が振り直したんでしょう。
そういう言葉が出てきました。
(長女も、長い間お弁当ありがとうとは言ってくれたんですけどねぇ。
 え~? 思ってないよね??? って言い方だったんで (笑))

ホッとしました。
冷食も、所々使ったけど、彩りに気をつけて
美味しそうに見えるようには心掛けたつもりだったし。
喜んでもらえてたらしいと思うと、ホッとします。嬉しいです。
巧言令色なのかもしれなくて、ホントは思ってないことなのかもしれないけど、
今は、素直に感謝の言葉を受け取っていたいと思います。

こちらこそ。感謝の言葉をありがとうね、小姫。
報われるよ…



Secret