2016.08.11 難しいんだね
小さなことから、大きなことまで
解決が難しい問題はたくさんあるけど。

街の本屋さんの経営と言うのも
相当難しいんですね…。

駅近くにあるビルに入っていたちょっと大きめの本屋さんが
8月いっぱいを持って閉店する旨貼紙がしてありました。

ショック…

この頃はそりゃ、本を買うってことは少なくなってしまったので
文句を言えた義理じゃないんですが、
ショックは拭えません。

そっかー、なくなっちゃうのか…

ファッション関係のウィンドウショッピングはよく聞きますが
同じように本屋さんのウィンドウショッピングが好きなんですよ。
でも、そのウィンドウショッピングぱっかりだから
こういう事態を招いているんですよね。^^;;;;;
(だって、予算もスペースも購入を許さないんだ、これが)

コンビニで書籍を扱うようになった
通販で簡単に本が買えるようになった
近頃では、電子書籍が幅を利かせてきている

逆風ばかりです。本屋さんにとって。

こんな中、お店を維持していくことの難しさは、
想像を難くないです。

だけど、だけど、だけど。
あの、ぶわぁ~っと並べられた本の背表紙や
平積みにされた本の表紙を眺めるだけでも
幸せな私にしてみれば、衝撃を受けちゃいますよね、やっぱり。

本屋さんのいいところは、
目指して行かなくていいところ。
なんとな~~く、ふらぁ~っと入って
表紙のデザインで引かれたり、タイトルで引かれたり
ポップで引かれたり、作者名で引かれたり
で、その場の気持ちのノリで買えること。
本との出会い方がたくさんあるってこと。

そういう出会い方ももはやレッドデータか。



ここで書く言葉は、勿論その本屋さんには届かないけど
念を送ってみよう。

今までありがとうございました… m(__)m



Secret