うーーーーーーーん。
例えば言ってることが正しいとしても、
やっぱりものには言い方と言うものはあるようで。

言葉のチョイスだったり、話すときの雰囲気だったり
攻撃的で得することは少ないように思う。
なのに、あえてそれを選択する人の意図は何だろう?

意見が違ったときには先の怒ったほうが有利
と考えているのは、我が夫。
相手より優位に立ちたい。
相手を屈服させたい。
そういう価値観だと、攻撃的な物腰を選ぶものなのかな。

ま、男性脳はそういう発想を良くすると聞いた気がするけど…。

女性でも、そういう態度の人がいて、
今日と明日では言うことが全く違っていることに
本人は気が付いているのかいないのか… ^^;
なんかでも、ただ相対する人をやり込めたいのかなぁと思うと
発言の信ぴょう性が目減りして、がっかりしちゃう。

極々瑣末なことで競り勝ったとして
一体それが何だろう?
くだらない と思ってしまう。
そのことで、要らない摩擦を生んで、トラブルを引き寄せるなんて
つまらないことだと思うんだけどなぁ。

言っていることが正しくても、ならば、
一本筋が通っていない発言であれば
況や…… をや。


Secret