ふふ、読んでそのままですね。
某テレビ番組で紹介された膨大な書籍の一部を抜粋して
再度紹介している1冊です。

紹介されているのは118冊 (+α)。
それぞれに表紙のモノクロ写真とあらすじと
そして、スタッフのお薦めトークが添えてあります。

ゆえに!

非常に危険な1冊です。
もう、どれもこれも読んでみたくなる。

本のレビューを載せてくれている通販サイトさんがありますよね?
本を買ったり借りたりする前には、チェックすることが多いです。
どうせ読むなら、面白い本が読みたいですから。
だから、評価が低いものには手が出なくなったりします。
で、そういうところに投稿してくる方々と言うのは、
たぶん、目が肥えてらっしゃるんだと思うんですが、
なかなかなに作品に対して辛辣なことも少なくありません。
まぁ、こちらは、それを大いに参考にしているので
偉そうなことは言えないんですけどね?

でも、やっぱり、目にして気持ちがいいのは、
好き♪♪♪
という気持ちのほうですね。
この本は、もうその 「好き♪」 だらけで構成されています。
なんかね~、それだけでも癒されます。

で、ちなみに、いくつかの本を某通販サイトのレビューで見てみました。
結構、散々なものが多い…かも。
まぁ、それくらい 人の趣味と言うのは色々だってことなんですけど、
これはやっぱり、読んでみなきゃ分からないってことなんでしょうね?
自分に合うか合わないかってところは。
う~むむむむ

しかし、さすがに118冊。
全て記憶しておくわけにはいきません。
だけど、この本は図書館からの借り物…
もう返さなけりゃなりません。

う。
つまりは、まずこの本から買わなきゃダメじゃん…

なぁ~~んか、どつぼにはまっていってる気がするんですが…
気のせいか?
はたまた、まぎれもない事実か?



だれか、優しく諫めて~~~~


Secret