いえ、私のことではありません。
大姫は左利きですけどね。^-^

食事時、左利きの女性が同行していた男性に
「私左利きなの」
とのたまったけれど、
男性は「へぇ~」だけで、なんら対処がなかった
ってなことをネットで見つけました。

そっかぁ~、なかったか。
その男性にとって、その女性は注意を払うべき存在じゃないって
そういうことなのかな。

そういうパターンもあれば、
左利きなのを知っていて、常に左側の席にしてくれて、
ついでに、さささっと何の気負いもなく
箸やスプーンの向きを変えてくれる人もいる。
らしい。

常に気を配るのは大変で私には出来ないけどさ~?
そういうことを当たり前のように出来る人って素敵だよね。



Secret