2015.12.10 潮時…かな
随分長く、ブログで好き勝手にほざいてきました。
愚痴もたくさん書きました。
愚痴という字は、どちらもバカという意味合いの字を重ねたもので
それっくらいくだらないことだということなんでしょうが
それでも、どこかで毒を吐かなきゃどうにかなってしまいそうなことはあるもんです。
ここは、そういう点に置いて、私をたくさん救ってくれました。


さっき、某テレビ番組に佐渡さんが出演なさってました。
お師匠様と一緒の出演で、
うふ。面白かったです。
そして、相変わらず佐渡さんも素敵な方です。
何がいいって、感情とその表現が豊かでらっしゃること、かな。
日本では、大の大人それも、男性がなくことを良しとしないところが
あると思うんですが、
も~、そんなん吹っ飛ばしてるのが最高です。
感動したら、その感動の涙を隠しもしないって一体… ♪♪♪♪♪
でも、そういう方だから、指揮者として名をはせるのでしょう。


あ、話を戻します。
文章をつづるのは、何か心が動いた時。
喜怒哀楽のどれでもいい。とにかく、心が動いた時に書く文章は
嘘がありません。
嘘がなければ、もしかして、誰かの心を動かすこともあるかも…
なんて考えることもあります。

だけど。
少し疲れたのかな。
今は、花鳥風月の美しさにすら、心がふるふるしません。
目は見えているのに見えず
耳は聞こえているのに聞こえず
心はあれども、空っぽなのか……

もしくは、心がゆらりと動いたけれども、
それを言葉に変換する術を忘れてしまったのか。
言葉にしようとするそばから、どんどん手の中から
すり抜けて、こぼれていってしまうんですよね。

さっき眺めていたテレビ番組で
佐渡さんの感情表現の豊かさに圧倒されて
表現できなくなった自分に少しがっかりしています。

尤も。
そんな風にいちいち心を波立たせないことが
仏教では良しとされていた気もしますが。(笑)

そろそろ、潮時なのかな…



Secret