ながらへば またこのごろや しのばれむ
        憂しと見し世ぞ いまはこひしき
                     藤原清輔朝臣

歌の中に織り込まれている三条院の御歌から
すぐこの歌へと連想しました。
ま、両方明るい歌とは言い難い二首ですが、
古い短歌は雅の香りがして好きなんですよね~♪


さて!
35歳、おめでとうございます。
ようこそ、アラフォーの世界へ!(笑)

34歳のさなかに、まぁ、ちょっとしたハプニングがありましたね。
去年のこの日、私は
痛々しいほどに多忙に見えて。
見えない鎖で雁字搦めになっているんじゃないかと
ちょっと、気の毒だったりもします。

と、書いています。

だから、よかった。

そりゃ、自由に何でもできるってわけじゃないけど、
ホッとできるぬくもりがあったってだけでも
ちょっと、ホッとしたりしています。
そんなことすらなかったら、人間として壊れちゃうもの…。
人を愛おしく思えない人には ”愛の歌” は歌えないですし。

でもね?
お仕事がお仕事ですから。
上手に嘘はついていて欲しんです、やっぱり。
ふなっしーがあれだけしゃべっても
決してあの着ぐるみから出てこないように。
ディズニーランドのパレードで、ミッキーや他のキャラたちが
一人しかいないかのように見せるように。

そういう嘘は、ついても許されるんです。
だから、うま~~~く騙してください。
それで、詐欺だって訴えられない希有なお仕事なんだから♪

ソロ曲は、新しい一日が始まる直前の時間を冠していますね。
春じゃなくとも、明けゆく空は美しいです。
なにかわくわくと期待をはらんだその空気。
触ったらパチンとはじけそうなエネルギーそのもの。

ならば。
その歌を歌うあなたに
衝撃的で、新しくて、素敵な何かが起こる1年になりますように
心から、お祈り申し上げます。

Happy birthday to you!!


Secret