大和撫子かぁ~~~~
死語じゃないですか?????
まぁそもそも ”大和撫子” って何さ???
って感じではありますが。

清楚で美しく、慎み深く、聡明で強く、情けも深い…
とか~~、そんな感じかなぁ。
あ、あれだ!
都合のいい女!!
なぁんてね。身も蓋もない言い方しちゃいけませんね。

えぇ、えぇ。大和撫子でございますゆえ。(苦笑)

さて。
ちょっとは音楽聞く時間もありまして。
だから、さらっとメモ書きを。

1曲目。
リード曲が出てくるのかと思ったら、さにあらず。
復讐譚のドラマ主題歌だったのに、冒頭に持ってきたんですね~。
でも、好きな曲だけど。
この曲のO.Aを見て、物語書きたくなったんだものね…
って、書いてないけど!

2曲目。
ここで、リード曲。
和太鼓に三味線。そして、ビックリのエレキギター!!!
でも、違和感がないのがすごいところ。
和楽器って、ロックと相性がいいのかもね。

3曲目。
今度は篳篥(ひちりき)に笙(しょう)の笛。
雅楽の楽器で、これでもかの ”和”の演出。
でも、曲が始まっちゃうと、その色合いは薄れるかな。
古くから一緒に歩んできた人たちへの恋文でしょうね。

以下は、続きにお引っ越し。

4曲目。
末っ子さんのソロ。
強気のようで、実はちょ~~~っと弱気な内容の曲かな。
虚勢って言葉があるけど、なんとなくその言葉が似合うなぁ。
意地っ張りなイメージあるの。

5曲目。
これも、ほぼイントロだけかなぁ。 ”和”の雰囲気があるのは。
もしも、アレンジの仕方で曲の持つ彩りが変わるのなら
別のアレンジでこの曲を聴いていみたいな。

6曲目。
おとぎ話のような曲だな~。好きな一曲。
どこか懐かしい感じのする曲なんです。
ふと、Nokkoさんの『人魚』を思い出してしまった。
曲の雰囲気似てない? かな?

7曲目。
え!? いきなりどした!? な感じ。
元気が良くて、ノリノリで、確かにカラオケで歌ったら
気分爽快になるのかも。
メンバーの皆さんはお好きなようだけど、よく分からない~
歌詞はストレートでいいけどね。

8曲目。
3男さんのソロ。
ひとつ前のアルバムで味をしめた… か???
歌を歌うことは、5分間の芝居を演じることだって聞いたことがあるけど
まさにそうなんだろうなって曲。
出来るから振られるってこともあるのだろうけど、
ど、ど、ど、どこまで行っちゃうの???

9曲目。
長男さんのソロ。
ソロ曲を並べるって、珍しい。
5つのソロ曲の中で、唯一、和風のアレンジで、今度は尺八!!
大姫や小姫は、アニメやゲームの主題歌みたいだと言っていたけど、
私は好きです。
にしても。
たしか、ラジオで ”カルタのテンポの曲” って表現してらした気がするけど
織り込まれてるの、カルタと言うか… 百人一首じゃん!

10曲目。
3男さんのドラマ主題歌でしたね~。
前出なので略。

11曲目。
二男さんのソロ。
5曲中、唯一のマイナー展開。
”自分のルーティーンは邪魔されたくない” って発言は
本音か、それとも、ファンへのリップサービスの一種か。
どちらなのかは、知る由もないけれど。
恋はね、やっぱり、こんな風に突然堕ちるものなんじゃないかと。
世界を敵に回してもいいと思える人と出会えたらいいですね。
ファンはきっと泣くけど。

12曲目。
たぶん、仮タイトル「Rouge」って曲がこれなんだろうと推測。
どうしてタイトル変えちゃったのかな。
rougeのほうが響きがいいのに~~。
そして、rougeのほうが、含める意味合いが多い気がするのに。
現タイトルのほうが、冷たいイメージ強くなる気がする。残念。

13曲目。
思わず、イントロから笑ってしまった。
ま、そう、そうですね。
曲も借りていることですしね?
先輩へのオマージュ感たっぷり。
たっぷり過ぎて、何度聞いても、笑わずにいられないよぅ。(笑)

14曲目。
四男さんのソロ。
こう言う曲を聴くと、四男さんの年齢不詳加減が割り増し。
四男さん = かわいい
って、公式のもと書かれた曲だなぁと。
うーん。まぁ、嫌いじゃないけど。
毎回、どんな曲を書かれるのかって、楽しみでもあるので
ちょっとさびしいかな。

15曲目。
ファンサービス感てんこ盛りの1曲。
聞き取りやすいテンポ、身体を浸していて気持ちいいような明るいメロディー。
そして、一緒に歩いていこうね! 一緒に笑おうね!
いっつもありがとうね! と言う分かりやすいメッセージ。
ウケるんだろうな~。喜ばれるんだろうな~……

16曲目。
ん? 鼓??? と、三味線???
Japanesque は、”日本風の” と言う正式な英単語だけど、
Japonesque は??? ま、いっか。
タイトルから『なんて素敵にジャパネスク』を思い出すせいか、
平安時代の色っぽい夜を思い浮かべちゃうんだよな~、この曲。
しどけなさ、と言うか。
あぅ。大和撫子にあるまじき。(大笑)


あーーーーー。
やくたいもなく書きつけてしまったわぁ。
我ながら、ホント、しょうもない。



そうそう。
もしかしたら、しばらく、書かない日が続くかもしれませんが、
元気は元気です。
どちらさまも、ご心配なさいませんよう・・・



Secret