前にちょこっと書きましたが
上野誠教授の著書です。
上野先生は奈良大学の教授をしておられて
この1冊から想像できるように、国文学を講義なさっているようです。

こう言う ”物語としての1冊” じゃなく
言葉の辞典のようなものは、面白いんだけど
飽きちゃうことが多いんですが…
今回は読み切りました。

小姫が言うには、引いてくる例文が秀逸だってことなんですが…
え~っと、そいういこともあるかもしれません。

美しい言葉を難なく使いこなしたい。
100人が100人ともそう思うとは言いませんが、
そう思う人も多いと思うんです。
とは言え、普段使いの言葉を片っ端から訂正されたら
もうそれだけで、げんなりしてしまって
新しく学ぼうって気にはなかなかなれないように思います。
美しい響きを持つ言葉が常にその場に合った言葉であるとは
限らないですし。

この本は、所謂今風の言葉も決して否定してはいません。
これは実はすごいことなんじゃないでしょうか。
えてして人は自分が使っている者のほうを上に見がちですからね。
だから、どこを読んでも押しつけがましさを感じませんでした。

この本を読み進めながら、1つ思いついたことがあります。
それは。
私、夫や大姫の言葉にカチンとくることが多いんですが、
その理由がぼんやり見えました。
別に、2人とも傷つけようとして言っている言葉じゃないと思うんです。
ただ、言葉の選択の仕方に難がある。
言葉には、ベースとなる思考がくっついている場合が多いんですね。
上手く言えないんですが、
1つの表現の中にすでに光か闇かのどちらかがある、とでも言いましょうか。

例えば、”あまつさえ”。
1つの事柄に追い打ちをかけるようにもう1つ何かが起きるときに
使ったりする言葉ですが、悪いこと限定です。
良いことが重なるときには、使いません。
良いことが重なったのに、この言葉を使ったとしたら、
吉事を呪っている色が出ちゃいますよね。

同じ 「流す」 を使っていても
”受け流す” と ”水に流す” はかなりその言葉のニュアンスが違って
使いどころを間違えたら、確かに仲直りできるもんも出来なくなるでしょうしね。

言葉にはそれぞれ立つ場所があるんですね。
おぼろげながら、そういうことを感じてはいても
いざ、文字に起こされると説得力を持ちます。

二度三度四度と読み返さないだろうなと思いつつ、
この本の根底に流れる大らかな感じ、いいなぁ。
欲しくなっちゃいます…

いや、だめだめだめだめだめだめだ



Secret