2015.09.21 書評
朝日新聞のとある記事で見つけた言葉

「書評とは、ここにこれほどに素晴らしい本があると紹介できる喜びが一方でありつつ、
 おまえは本当に内容を理解しているかと厳しく問われる営為である。」

ですって。

そっかぁ…
まぁ、私の場合は、評しているのではなく
好き好き! これ好き! って騒いでるだけだけど… も。

でも実はそれって、自分がどれだけ浅い人間なのかってことを
公に宣伝してるようなものなのかぁ…。

でも、そんな風に考えたら、怖くって
誰も本の感想とか、レビューとかしなくなりそうだよね。



Secret