2015.09.03 えどさがし
しゃばけシリ-ズの外伝で、勿論のこと畠中恵さんの作品です。
小姫から、拝借しました♪
『五百年の判じ絵』 『太郎君、東へ』 『たちまちづき』
『親分のおかみさん』 『えどさがし』
の5編が収められていますが、外伝なので主役の若だんなは出てきません。
出てこないんですが、特に違和感もない。
(全然じゃなく、カメオ出演的には出てきますが)
いつもどおりの妖たちが、ワイワイガヤガヤやっている風景なので
主役不在という感じがしないんですよね。
なので、すんなりしゃばけの世界観の中へ入って行けました。

『五百年…』は、犬神が若だんなのもとへやって来ることになったことの次第の話。
まだ、若だんなのおばあさまが、この世界にいた頃の話です。

『太郎君…』は、利根川(坂東太郎)と河童の大親分である禰々子(ねねこ)を
中心において、川の普請の大騒ぎの話。

『たちまち…』は、妖退治で有名な僧寛朝が口入屋のお家騒動(?)に
巻き込まれる話。

『親分の…』は、若だんなとも仲の良い岡っ引きの親分宅へ
赤ん坊が捨てられていて、その赤ん坊は実は…という話。

表題作の『えど…』は、若だんなの時代からは随分下って
江戸が東京と呼ばれるようになった明治時代の話。
寿命があるのかないのか分からない妖たち。
長い長い時を生きるので、若だんなとは死に別れちゃうんですね。
でも、みんな諦めない。
若だんなが生まれ変わって来るのを長崎屋の体裁を変えながら待っているんです。
その辺の時間帯が描かれています。


どれも、馴染みのキャラクターが、馴染みの行動をしてくれるので、
安心して読めます。
(それぞれ、ゲストはいるにしても!)
生命のカウントダウンを視野に入れて展開する本編よりもむしろ
心落ち着けて読めるかも。

『しゃばけ』の世界をさらっと楽しみたい方に、うってつけ♪ です。



Secret