2015.05.26
間違っても ”しな” って読まないでねっ
”ひん” です ”ひん” !

品がある人って、素敵だなぁと思うんです。
でも、品って、何と言うか…
こう、まとった空気みたいなもの? オーラみたいなもの?
つまり、捉えどころがないものだったりしますよね。

上品だな~と、思う人がいても
なにがどうだと上品なのかって、定義もない… ですよね?
仕草、喋る言葉のチョイス、着るもののセンス、マナーもかな?
それから、話す内容    
なんかかなぁ。品位を感じさせるとすれば。

重ねてきた時間が、人品を磨いてくれるってこともおおいにあって
だから、「あー、この人 品があるなぁ、素敵な人♪」
と思う人は、人生の白秋の頃、もしくは、玄冬を迎えた人だったり
することが多いです。 (私の場合ですが。^^)

ではあるんですが。
ちらりと見た本の中、教養について触れた個所があって
すぐには役に立たないけれど、長い目で見れば役に立つことを
学ぶのが大事だと
すぐに役に立つことは、日進月歩の今日では
すぐに役に立たなくなるのだから、と。
そんな記述がありました。
自分をブラさない基盤を持てるように身につけるのが教養…かぁ。
なるほど。一理ある。

知識や教養を身につけているのも品に関わることのように思います。
うーーーーん。
品のある人になりたいけど、その道は遠過ぎそうです。



Secret