2015.03.10 頭の良さ
所謂、学校の勉強が出来ると言うことと、
対人間で、気が利いた応対が出来るというのは
別の話です。

学校の勉強が出来るなら、それに越したことはないけど、
でも、出来ないからと言ってダメじゃない。

じゃあ、口八丁手八丁ならいいのか、と言えば
それも違う。
気まじめで誠実な人が無口なことなんてざらにあるし。

つまり、何が言いたいかと言うと。
勉強が嫌いなら嫌いでもしょうがないじゃんってことなんです。
人それぞれじゃんって。
自分が好きになれるものを探したっていいじゃんって。

小姫、農業高校に通っているんですが。
つまりそれって、勉学がそれほど出来なくても
入れる高校だったりするのです。
だから、旦那はこの学校を選択するのに難色を示した。
うちが農業やってるわけでもないし、出来ない子が集まるところは
授業もそれなりのレベルになる
と。
分かる。それも一理あるけど。

でも、普通校へ行ったとして、途中で嫌になっちゃって
退学しちゃうよりも、
そんなにハイレベルな勉強をしなくても、卒業までしたほうが
いいんじゃないかなって、思っちゃう。

先日、小姫が課外授業に申し込み参加して作って来た
ウィンナーだの、ベーコンだの、ハムだの、ミートローフみたいなものだの
肉加工品の数々。
美味しかったーーーーっ!
そういうことを学んで、何が悪い! って思っちゃったな。

楽しんで学ぶ。
私が甘ちゃんなのかもしれないけど、
それでいいじゃんか。

後は、人に後ろ指さされない~とか、
お天道さまに顔向けできない~とか、
そういうのさえなければ、御の字だいっ。

加えて、気遣いor気配りできればそれで十分♪


Secret