女子力。
高いとか、低いとか?
既に、”女の子” じゃない私としては、遠い言葉で
どうでもいっか~~と思っていたけれど。
身に迫って、どうでもいいわけじゃなさそうです(苦笑)

人によって、定義が色々違うらしいですね?

女子力… かぁ。
主に、見掛け? なん?

身なりを整えると言うのは、
周りに不快感を与えない、と言うレベルにおいては
必要だと思うんです。

でも。 なぁ。

服装に気を使うようになればなるほど
化粧に凝るようになればなるほど
外からは見えない場所では、だらしなくなった気がする。
え? あぁ、大姫ですが。

ふんわりした雰囲気の癒し系。
大まかに言って、それが大姫の印象のようですが
その実…

街の電気屋さんをやっていた父曰く
「きれいに化粧とかしてる人の家ほど、家の中は汚い。」
って。
「目の端に入ったゴキブリホイホイが屍がびっしりだった!
絶対あの上を通って生き延びてるやつが沢山いるはずだ!」
とか
「モノが散乱してて、1歩1歩、次にどこに足を出したらいいか迷う。」
とか
「床が埃だらけで、お願いだからスリッパ出してくれと思う。」
とか
よく言ってたけど。
確かに、人間同じだけしか時間がないなら
着替えや化粧にやたら時間かけてたら、
その他のことは出来ないものね。

幼稚園の先生を目指している大姫。
「さ、みんなでおかたづけしましょ~。」
とか、言うんだろうな。

で、どの口が言うんだろう?


女子力、ねぇ…
引き出しの中のもの取り出して、
そのまま引き出しを閉めずに開けっ放しにしても、
可愛く装った方が女子力が高いと評されるのなら、
そんな女子力、クソクラエ、だわ。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


Secret