入試のための登校禁止週間中の小姫と
朝、ラジオに耳を傾けていました。
そ。例の番組の例のコーナーです。
私も気になった本ですが、小姫が多めに反応したので
ちょっと遠くの図書館まで借りに行ってきました。

文・マイケル・モーパーゴ  絵・マイケル・フォアマン
の児童書。 なんですが。
淡い色合いの表紙の絵から想像するようなのほほんとした話ではなく
なかなか心に痛い物語。
小姫が言うところの
「小学校高学年で読んで、書いてある内容は理解して、
 数年経って、高校生もしくは、大人になってから
 もう一度読み返して、心に落とす本。」
だそうです。

なるほど。

内容は、世界的に有名なヴァイオリニストのパオロ・レヴィに
新米新聞記者のレスリー・マキンリーが行ったインタビューを
ほぼそのまま載せたかのような形をとっています。

世界的に有名なヴァイオリニストでありながら
決してモーツァルトを演奏しないレヴィ。
演奏を終えると、拍手を待たずにとっとと舞台を降りてしまうレヴィ。
演奏の録音を許さないレヴィ。
そして、個人的な質問にも、モーツァルトを演奏しない理由にも
決して答えないレヴィ。
芸術家にありがちな”こだわり”と片付けることも出来るけれど、
やはり謎めいています。

この気難しそうなヴァイオリニストに新米インタビュアー!
普通なら、大失敗しそうなインタビューで、
果たしていきなり失敗しそうになるんですが…
レヴィは語り始めるのです。謎のすべてを。

困っている赤の他人に助けの手を差し伸べるのも人間。
でも、恨んでもない人を惨殺できるのも人間。
どちらが人間の本質なのか、私には分からないけれど。
ホロコースト…は、歴史上の事実。
この本の中、直截残虐な表現は出てきませんが、
ちょっと歴史を学んだ人なら、文字の向こうに目を覆いたくなる景色が
見えるんじゃないかな…。

音楽は記憶のタイムカプセル的なところもあって
懐かしい曲を耳にすると、それを聞いていた頃のことを
一気に思い出したりします。
(つわりがひどい時に聞いた曲を聞くと、いまでも気持ち悪くなるし~)
匂いだったり、温度だったり、風景だったり。

本来、モーツァルトの音楽って、明るくて、華やかで
聞いているとちょっと心が浮き立ってくるものだと思うんですが、
その”浮き立つ気持ち”を逆手に取った音楽の取り扱い。
音楽ゆえに生き抜いて、音楽ゆえに同胞を詐欺る。
音楽が好きであれば好きであるほど残酷です。
それでも…
最終的に音楽を捨て去ることが出来ないと言う”業”。

ミントティーの香りを差し挟みながら
物語は静かに収束していきます。
古く忌まわしい時代を過去のものにして
ほのかに明るくなって。
最後が可愛らしい軽口で締めくくられるので、
ホッとして終われます。

美しい音楽を、美しいまま楽しめる時代はいいです。
しみじみそう思います。
老若男女、平和を愛するすべての人にお勧め。


Secret