2014.12.22 something for you
何か贈り物を頂くって、嬉しいものですよね♪
それは、値段的にどうこうじゃなく、
贈り物をしてくれた人の心の中に
自分のいる場所があるってことが嬉しいんです。

東京駅100周年記念Suica。
購入時に大混乱!!!!!!!!があったようです。
そうでしょうねぇ。
鉄道ファンって、年齢・性別・職業・ツベルクリン反応・
郵便番号の如何を問わず(いいでしょっ!好きなんだもんっ!)
たっくさんいらっしゃると思うんですよね?
それが、販売方法がスピード重視の現在と言う時代に対し、
あまりにレトロでアナログ過ぎては
そりゃ~、混乱も起きるでしょう。

これは、売る側(贈り物する側)がお客さん(贈られる側)のことを
心にとどめて、考えていなかったせいです。
これでは、贈り物じゃない…。
(まぁ、商売なんだけどさ…)
心がないから、あんだけの混乱になっちゃうんだよね。
残念。
デザインとか、と~~~っても素敵なのになぁ。


話変わって。
今年は自分に収入がないくせして、
大姫と小姫にクリスマスプレゼント用意しました。
大姫には、パッケージからして可愛らしいチーク。
小姫には、『鹿の王』上下巻。
想像していた以上に、いや、それを遥かに凌いで
ものすご~~~~く喜んでくれたので、
贈った私も嬉しくなっちゃいました~。
って、私のお金じゃないんだけどさぁ。
(まぁ、図書券1000円分は、私がゲットしたものだけどね。^^;)

プレゼントは… 心をこめたプレゼントは、
たぶん、どんなものであれ、贈った側も贈られた側も
幸せにしてくれるもののことを言うのだと
私は考えています。

Something for you!
読んで下さるあなたにも、何か贈り物が出来たらいいのに。^^



Secret