2014.12.07 Devil-Claus
映画、観てきました。
三男さん主演の映画です。

うーーーーーーーーーーーーん・・・・・・・・ 微妙。
やっぱり、映像化したものを見る場合、
原作はあとから読んだ方がいいんでしょうね。
どうも、無意識のうちに原作とだぶらせちゃいます。

主役の役柄的にはピッタリだよねと思っていて
その点に関しては、心配もしていなかったし、
ほぼ、期待通りの感触。
確かにそれは間違いなかったと思うんですが…

ん~、なんだろ?

元の元は、歌謡曲。
曲からイメージしたストーリーを文字化して1冊の本が出来上がって、
今度はその本をもとに映像化して、1本の映画になったらしんですが。
ある程度、年齢が上の方なら誰しもが知っているんじゃないかと思う
JR東海のCM 「Xmas Express」。
このTVから流れる数秒のCMですら、相当饒舌に物語を語る曲なのだから、
あまりいじりすぎなければよかったのに… なぁ。
もうちょっと原作に忠実でも、十分映像化に耐えられたのに。
それも、それほど長ったらしくならなかったろうに。
なんでこんなにいじっちゃったの~~?(泣)

原作よりいいと思ったのは、書店の店長さんだけ。
大体同等なのは、イベントのビジュアルだけ。
『メリー・ポピンズ』みたいに、アニメとの共演も洗練されると
効果的だけど、今回の場合はない方がよかったのに。
走ってる映像を永遠流さなくても、走った感って出るでしょ?
それに、妄想に救われてたわけじゃないと思うんだよな~主人公は。

幼馴染の女の子に関するエピソードは
如何にもクリスマスを背景にしたものだったから
削っちゃったのも寂しかったな。
おまじないも、呪文端折っちゃ悲しすぎる。

その女の子は、後からたとえばスターにするとしても、
最初はスポットライトを浴びる人じゃないほうがよかったし、
性格も、さっぱりしはしていたとしても、”女の子”の部分が
もっと強くあったほうがよかったのにな、原作みたいに。
女の子らしさって、化粧したから、おめかししたから、
言葉遣いが乱暴じゃないから、とかとかとかの理由で
出るわけじゃないと思うのね?
少なくとも、女から見た女の子らしさって、そうじゃないよ。
(あ?私が少し特殊な場合もあるけど、そりゃ。)

憧れの女(ひと)の元恋人もなんでこんなに近場にしちゃったのか…。
原作のイメージだと、もっと(精神的に)ずっと大人だったよ?
主人公がコンプレックスを抱くにしても、
もうちょっと遠い人のほうが、救われるのに。
そして、元恋人の扱い、雑!!! びっくりするわ。
そこらへんのエピソードが急展開過ぎて、不自然すぎる…。

あぁ、勿体ない。
折角のキャスティングだったのに。
もっと丁寧にやってほしかったな…



文句ばっかで、最悪の感想の書き方でした。
何かの間違いで、この記事読まれて憤慨されちゃった方。
ごめんなさい。
でも、嘘つけなかった…


あ、ちょっと探したら「Xmas Express」の動画見つけたので
懐かしく、楽しんでください♪


あ、そうそう。
映画の中、クライマックスで、雪が降るんですが。
そっか
雪って言うのは、光が結晶して落ちて来るものだったんですね。




光の結晶が闇の心に降って来る……
Secret