2014.11.07 Roman Holiday
今まででの、言葉の端端に
色んなエピソードを聞いていて、
もしかしたら、目新しいことはなかったかも
しれないけれど。

それでも、他人が歩いて来た道のはなしは
とても興味深い。^^
何の波瀾もないような人生ですら
相当興味を引かれるのに、
ましてや、シンデレラストーリーとなれば、尚更。

出来れば、殊更持ち上げるようなことは
言いたくない。
私は、天邪鬼だからね。(笑)

だから、束の間のなんちゃって休日を見て、
何を思ったかと言うのは、もう書かない。
そんなことは、他のたくさんの人が
山のように書いてくれてるでしょう、たぶん。

それでも、
つられて笑い泣きしちゃったのだけは、
白状しておこうかな。

『ローマの休日』は、家出した王女様の
本当にささやかな休日のお話。
王女様はでも、さすが王女様で、
自分のなすべきことをちゃんと知っていて
自分の場所へ帰っていく。
芽生えかけた恋を捨てて…。

今回彼らが過ごしたのは、ローマじゃなく
南の島のハワイだけど。
ほんの一瞬、息継ぎをして
また、仕事やその他憧憬や羨望や色んな感情が
複雑に入り混じって濁流になっている場所へ
帰っていくんでしょう。
半ば運命的に、半ば自ら望んで。

『ローマの休日』と違うのは、
大事な人と離れ離れにならないでいいということ。
大切な人との大切な時間を
いとおしむようにお過ごしください。
気付いておられましょうが、それは得難い黄金の時間です。



Secret