歯医者さんで
『絵本からうまれたおいしいレシピ ~絵本とお菓子の幸せな関係~』
と言う本を見かけて、
Amazonで検索を掛けたら
まぁ~、次から次へと同系統のレシピ本のお勧めが
出て来るわ出て来るわ。

こんなにいろいろ出ているとはっ♪♪♪

レシピ本って、見るだけでも幸せな気分になれるので
お勧めされた本を今度は図書館で検索を掛け、
あるものだけですが、借りてみました。
今日のタイトルの本も、そのうちの1冊です。

掲載されているスープは必ずしも物語の中に出てきたそれと
同じものではありませんが、
物語にインスピレーションを得て作られたスープも
捨て難く美味しそうです!!

あ、著者のご紹介が遅れてしまいました。^^;
スープ研究家の東條真千子さんと言う方の本です。

作るのに時間はそれなりに掛かりそうですが
(だって、スープだもん!! 掛かるよね、普通)
難解なレシピはありません。
絵本がテーマに含まれていることもあって
子どもと一緒におしゃべりしながら作れるような感じです。

そして、レシピ本としても、素敵な本なんですが
更に素敵なのは、元ネタ(?)の絵本の紹介も
しっかりあるところ。
絵本の紹介と、その絵本に対しての東條さんの思いと
作られるスープについて、が漏れなくすべてについてくるので
それを読むだけでも、相当楽しいです。
絵本の紹介の本として成り立つレベルです。

だって!
出て来る本を読みたくなるんですもん。
一種、逆引き辞典みたいです。^^

『リサ ニューヨークへいく』で紹介されていたのは、
マンハッタンクラムチャウダー。
クラムチャウダーって白いスープだとばかり思っていたら
赤いのもあったんですね。
ミルク仕立てのものより、あっさり食べられそうでいいなぁ

『ベーコンわすれちゃだめよ!』では
ベーコンと温泉卵のオニオンスープ。
こちらは、元の絵本が読んでみたいですね。
出来れば、英語バージョンで。
絶対、クスクス出来るはず。
肝心のスープのほうですが、真ん中に温泉卵があるだけで、
美味しそう感が倍増です。

ニンジンやカボチャのポタージュス-プ。
ブイヤベースに、ミートボール入りのパスタスープ。
オムライスを真ん中に浮かべたブラウンスープ。
変わり種では、デザートスープなんてのも載っていて。
うぅ、美味しそう過ぎる…
これから寒くなる季節、スープ三昧したくなる1冊なんですが、
ほら、レシピ本として以外の魅力もあったので
私、主にそっちにばかり気が行ってしまいました。

レシピ本だぞ! レシピ見ろよ、レシピ!!! (苦笑)

でも… さ。
ちょっと変わったものって、うちの娘たちあまり好まないのです。
魚のあらとか使った洋風のスープは絶対手をつけないだろうな。
和風にうしお汁だったら、飲む可能性あるけど。
メレンゲと赤ピーマンのスープとか
かぶときのこのスープとか、
ビーツのスープとか
見た瞬間に拒否られそう。
ましてや、スープの概念から外れそうな
冷たくて甘いスープなんてのは、言語道断… だろな。
シチューもミネストローネも酸辣湯も作るけど、
結局は、豚汁とか味噌汁とか
醤油仕立てのお汁に勝てないんだもの。(TOT)

とは言え、私としては、眺めるだけでも楽しいから、
自分用に欲しい本です♪





Secret