2014.10.19 何処行くの?
『世にも奇妙な物語 ’14秋の特別編』 ……
恒例ですねぇ、秋。
今回は普通サイズの5編にプラスして
短編を5編追加。
いつかもありましたよね。短編追加した回が。

ん~~~。
もしかして、内容に自信がないときには
短編追加しちゃうとか? だったりするのか?

ま、いいや。

今回…、悪くなかったです。
が、取り立ててよくもなかったかな。
可もなく不可もなく。
今や、現実が小説を凌ぐ奇怪さ。
奇妙と思われる物語を作り出すのは難しいのかも。

さて、と。
今日のタイトルは今回放送された話の中から
『ファナモ』を見ながら思ったことから…。

不合理、不条理、不衛生。
そんなものが生活からなくなったらいいと考えたりするけれど、
それを少しずつ極めていくと、実は怖いところに
行きついちゃうのかもしれないですね。

昔、アニメで見た
”泣く”という行為をつまり、悲しいという感情を消してしまう手術の
話をちょっと思い出してしまった…。
悲しい気持ちは、確かに非生産的、後ろ向きかもしれないけど
じゃあ、消してしまっていいのかと聞かれれば、
なんか違う気がします。
まぁ、なくした本人は、もう「ないのだから」
その大切さに気がつくことは出来なくなってしまうのだけども。

昔、人形劇であった食事のシーン。
”パーフー”(パーフェクト・フードの略だってさ!)と呼ばれる
錠剤を飲むことで、食事が短時間にバランスよく終えられるという
考え方をしている国があると言う回があったのだけれど、
食事を楽しむという行為からはかけ離れていて
こんな食事絶対イヤだと思ったっけ。

そして、今回のファナモ。
次世代排出物だって。
見た目の不潔さは皆無、臭いもしない排泄物だって。
食卓の上においても支障ないくらいの排泄物。
従って、トイレも不要になるんだってことなんだけど…。
話のオチとしては、
排泄器官だけじゃなく、生殖器官も手術で変えちゃって
衛生的になりました♪
ってことになってたけど。
上の2つと同じ匂いがしますよねぇ?

究極の究極まで行っちゃうと、
『・・・999』の世界まで行きついちゃうのかな。
不老不死だしね。
エネルギーは摂取するけど、排出はしてなかったと思うし。

合理的であろうとすると、
衛生的であろうとすると、
人類が行きつく先って、一体どんななんだろうか?

って、そんなこと真面目に考えちゃう私って
かなり変だけどさ。


Secret