2014.10.09 閉塞感
国に元気がなくなると
ナショナリズムに走りがちになる…

ネットでちらりと目にすることがある攻撃的なご意見を見ると
なんとなく納得がいく。
人は自信にあふれているときは、
黙っていても輝くから、それを主張する必要はないもんね。
他人を貶めることも必要ないし。
実力に裏打ちされていたとしたらそれは尚更。


話ちょっと変わって。
とうとう、シリアに渡って戦闘に身を投じようと考える人が
日本でも出てきた。
かの過激派組織はネットなんかを上手に利用して
若い人にアピールするという。
仕事はないし、生活も苦しいし、
未来に希望なんか抱けないって人の心にするりと入り込んで
とりこんで行くとか。
魅せられた人は、暮らしていけない現状ゆえに 
就職感覚で戦闘員になることを選ぶ、と。

どれだけの閉塞感なんだ、これは。

戦闘員になれなくても、2~3年の内には自殺するから同じこと。
って、北大生の男の子は言っていたようだけれども
そうかな…
自殺もそりゃ褒められたことではないけれど
一人ひっそり死ぬだけなら、少なくとも、無辜の人を傷つけたり
殺したりはしなくて済む。
その分自殺のほうがまだ上等だと思うけど。

殺人になんら痛みを感じることがないなんて
そんな痛々しいことにならないでくれ。
お願いだから。



Secret