ポップスとか、レゲエとか
R&Bとか、ジャズとか
ソウルとか、フュージョンとか
フォークとか、ロックとか、
音楽の種類はたくさんあるらしい。

あるらしいけど、どんなものなのかってことや
違いはさっぱり分からない。

でももし、主張のある歌をロックと呼ぶのだとすれば、
今日のタイトルに選んだ歌は
間違いなく「ロック」。

歌の片翼を担うメロディーはとても大事。
耳で聞くのは、まずメロディーだからね。
そのメロディーに引き付ける力がなかったら、
聞いてもらうの、難しいと思うからさ。

でも、歌のもう片翼を担う詩は
ストレートにメッセージを届けるのにかなり有効。
直截心に訴えかけるのは、
やっぱり言葉だと思うんだよ。

♪ 目の前の何者かに 決して媚びて歌を売るな
   遥か未来で聴く筈の 尊い誰かのために歌え  ♪
歌はそう歌われているのだけれど
この詩の中の「歌」と言う単語を自分に合った言葉
例えば「志」だったりとか「自分自身」なんかに置き換えたら
相当ギクッとする…。

あまりにストレートすぎて、ビックリしたけど、
叱咤激励の歌だった。
心臓を動かす歌だったよ…


Secret