キャンキャン吠えるうるさいスピッツのような母親
じゃなく!!
普段は静かに見守って、ここぞと言うときにのみ吠える
シェパードみたいな母親になろう!
ってな広告を遥か昔、新聞で見たことがあります。

「へ~、シェパードってあんまり吠えないんだ?」
なんて、的外れな感想を抱く頃だったから、
私が子供の頃だったと思います。

そして、時が移ろい… 今。
毎朝毎朝毎朝毎朝毎~~~朝
キャンキャンうるさいパパさんがいます。
保育園に送りに来ているパパさんなんですが、
毎朝7時ごろに大音響で怒鳴るんです。
ここ、静かな住宅地ですよ。
静かな分、余計に際立って怒鳴り声が響き渡ります。

怒鳴り声から始まる朝…
げんなりします。

怒鳴らなければ、伝わらないのかな。
あんなに怒鳴る頻度が高いと
本当に叱りつけなきゃならない時と、
そうでもない時の差がなくて
子どもは「事の重大さ」を理解しづらいんじゃ???
例えば、手を洗いなさいって大音量で怒鳴るとして
例えば、お友達を怪我させちゃって叱るとして
テンションが同じなら、そこに差を見出せるものですか?
うん、保育園に通うくらいの小さな子に?

特に、「お父さん」ですよ?
家族の形態が変化してしまっているから一概に言えないけど、
お父さんって、切り札的役目だったりしませんか?
そんな、普段からギャンギャン言ってたら、希少価値がぁっ。^^;

男女平等と言うのは、そうだよなぁと思うんですが、
やっぱり、担う役割と言うのは今も存在する気がします。
お母さんが、なかなか吠えないシェパードなら、
お父さんは、もっともっと稀にしか吠えないバセンジーで
あって欲しいと
そして、自分優先のために怒るのではなく、
物事の全体像を掴みつつ、ちゃんと叱る人であって欲しいなと
そう思ってしまいます。

は~っ! それにしても。
ほんっと、毎朝うるさいんだよなー。
スピッツ父さん、どうにかしてくれぇ。 (TOT)



Secret