2014.07.19 未来
”未来”
どこか、ワクワク感を孕む言葉だと思うんですが…

今日、小姫の学校の保護者懇談会に出席してきました。
来年に催される予定になっている修学旅行の説明もありましたが、
主に、成績と進学、もしくは、就職についての話に終始。

勉強しなけりゃ、成績は伸びることはなく、
成績が伸びなければ、進学であれ、就職であれ、かなり厳しい。

当たり前と言えば、当たり前のことではありましょうし、
実際、現実は厳しいのでしょうけれども、
話を聞けば聞くほど、未来に夢や希望を持っていい気がしない。
もし、ちゃんと就職が出来たとしても、
生活が成り立っていかないレベルの賃金しかもらえない、とか
そんな話もあったりして…。

ネームバリュー、ブランドは存在するってことも
現実としてあるようです。
なんか、理不尽な気がする… なぁ…

夏休み中に、進路のことを熟慮し、来年度の選択科目の選定を
終わらせておくこと。
高校生活は3年間しかないし、その間に次へのステップを
考えて、ちゃんと踏み出さなきゃならないのだから、
必然、そうなんでしょうね。
それもどうやらこの夏の課題の一つになりそうです。

教育は大事だと思う。
徳育と体育と同じくらい。
でもそれは、ブランド品になるためのものじゃないって
私は思いたいんだよな。

未来のことを考えると、ただただ、暗澹たる気持ちにならざるを得ない。
こんなに経済的にもそこそこ豊かで、その上、自由で平和な国なのに。

何なんだろうなぁ、この不安感は。



Secret