古い友だちから、また同期会のお誘いメールが届きました。
と言っても、まだ日時も場所も決まっていないので
正確にお誘いと呼んでいいのかは分からないのですけどね。^^;

高校生当時の吹奏楽部部長さん(男の子)が、
とにかく、会えるときに会いたいと
熱い思いを語っているのだとか…。

生きていれば会える、会いたい、とも。

なんか、随分熱いというか、重い思いのように思えますが、
どうしたんでしょう?
大切な人を失うとか、そういうことがあったのかなぁ。
現に、部活で一緒の時間を過ごした
1歳年下の女の子も、去年だか亡くなったらしいし。
私も、数年前に会社で一緒に働いてた4歳も年下の女の子の
告別式に出席しましたし。
会社の同僚に関しては、まだお子さんが幼稚園児だったんじゃないかな。
気の毒だったのもあるし、ショックだったのもあって
ちゃんと周りを見回してこなかったんだけど。

人生何があるか分からないから、
どんなに若くても、どんなに健康でも、
突然死んでしまうってことはあることだけど、
そういうことを知っていても、
若いころには「死」は、どこか遠いものです。
だけど、
年齢を重ねるに従って、その存在は確実に身近になります。

とは言え、なぁ…。
生きていれば会える! なんて、ちょっとビックリのご発言。
タイミング的にも、ビックリなんだけどね。 σ(^^;)

闇に色濃く引かれると、
警鐘を鳴らすかのように何かが反対側に強く引っ張ります。
エニシノフシギ


Secret