右手に剣を持って、その剣を背中に隠す。
空いた方の左手を笑顔で差し出して
「仲良くしましょう。さぁ、握手しましょう。」
って言ったとしたら、相手は信じて左手を出してくれるかな?
それとも、疑いつつ、左手を出すのかな?
もしくは、差しだされた左手は払いのけられる?

じゃあ、逆ならどうだろう?
背後の剣を知りつつも、信頼の左手を出せるものかな?

平和に暮らすって、どうしてそんなに難しんだろう…

「パンがないなら、お菓子を食べたらいいじゃない?」
なんて発言も顰蹙を買って、後に断頭台の露と消えたマリーのように
いろんな事情を考慮に入れないで
日本が約70年間、平和を享受してこられたのだから
ほかの国だって出来るはず~
なんて、浮かれポンチな発言をする気はないけれど、
ふと、そんな疑問が心に兆す時がある。

まぁ、一緒に仕事した経験から行くと
衝突なく、ひたすら友好的なお付き合いをするのは、
相当難しいことだとは思うんだけどね。
発想の根幹がそもそも違うと、最大公約数を見つけるのは
至難の業だと思うから…。
(だって~、暫く ”外人アレルギー” みたいになったもんなぁ)

いじめに遭わないようにするためには、
自分をターゲットから上手くそらす狡さが必要。
いじめに遭わないようにするためには、
いじめが気配のうちに、跳ね返すだけの強さが必要。
いじめに遭わないようにするためには、
例えば仮初めであったとしても、仲間が必要。

世界情勢は、学校のクラスとは違うけど…さ。
ちょっと、似てるところもあるかもしれないよね。
あとは、冷静な分析力と判断力と実行力かなぁ
学校での場合よりも、必要なのは。



来月早々、法案が閣議決定されそうだけれども、
平和を守るって、一体どういうことなんだろうね。


Secret