2014.06.17 深謝…
31歳、おめでとうございます。
30代に突入して、早1年が過ぎましたね。
三十而立… とは論語ですが、
仕事のキャリアの長さを考えると、とっくの昔に自立…
してらっしゃるんでしょうね、やっぱり。

とは言え。
若く、いえ、寧ろ幼くさえ見えるのは、一種才能。
お祭りでは、”鏡で見たら、そんなにかわいくなかった”と評してらしたけど、
いや~、違和感そんなに感じなかったですよ。^^;
驚異的です。(笑)

努力と言う言葉があまり似合わないタイプ。
器用に何でもこなすように見えるから。
だけど。
事実は少し違うのかも。
努力を努力と感じずにするタイプなのかも。
頑張ってやってる!感 を出さずにさらっとスタイリッシュにって♪
少なくとも、周りに頑張ってる感を感じさせない人のように見えます。

ま、本当はどっちだか知る由もないのだけれど。

でも、華やかな舞台上で華やかな笑みを浮かべている時よりも
舞台裏(正確にはホントの舞台裏とは言い難いかもしれないけれど)、
練習中の笑みを消した真剣な瞳のほうに
ぐっと引きつけられます。

ん~、案外、それってマジョリティーだったりするのかな…。

今日のタイトルもやっぱり、ソロ曲の印象からつけたけれど、
茶化すとか、斜に構えるとか、笑い方なら”giggle”とか
そんな素直じゃないイメージの強いあなたなのに
極めてまっすぐに、謝意を口にするのがとても不思議にアンバランス
に思えます。(私、メッチャ失礼だな! ^^;;;)
仕事仲間に対しても、親に対しても、それから、たぶん恋人に対しても。
伝え方は、ちょっと変化球であったとしても、
周りの人たちに対して、深く感謝し、それを言葉にできる資質は
とても素敵。^^

よく、ギャップがある人に魅力を感じると言うけれど、
ギャップがどうのとか、そういう問題じゃなく
ありがとうと言える人って、魅力的です。
持って生まれたその内側の美質が
永遠に枯れることがありませんように祈ります。
(結構難しいからさ!)

素晴らしい1年間でありますように
Happy birthday to you!




Secret