2014.06.02 愛のない料理
「愛」って言葉は、曖昧に過ぎて
なのに、強い意味合いも含んでいるようで
好きな言葉じゃないんだけど…。

でも、他の言葉を知らないから、敢えて使っちゃう。

食べ物を取り扱うお店は
まぁ、一に安全・衛生でしょうね。
食中毒なんて出そうものなら、営業停止だろうし。

次には、味かな。
美味しくないものにお金は払いたくないものね。

で、味が整ったら、スピードも大事になるのかな。
それと、価格がお手軽かどうか。

ま、逆に言うと、ものすんごく美味しかったら
時間とお金をかけても食べるんだろうけど。

でね? お店に通ってサンドイッチを
何度も作っているうちに、それなりに早く作れるように
なったんです、私も。
ただ、相当”早く作ろう”って気がないと出来ないですけど。

だけど、
見た感じのクオリティーも落ちてないと思われる出来なのに
とっても急いで作ったものが夕方お店に行ったら売れ残ってた。

偶然かもしれない。
たまたまなのかもしれない。

だけど、確かに作るときに食べる人が
喜んでくれたらいいな~
とか
美味しいって思ってくれるといいな~
とか
考えずに作ったことは作りました。
とにかく、スピード重視にしてたから。

つまりそれって、愛のない料理ってことになるのかな。

愛のない料理は、人の気を引かないものですか?やっぱり。
なんか、私、大事なものを落っことしたでしょうか…


Secret