2014.05.30 あり?
PVについて書こうかな~
って、
そのまんまになってしまった。^^;

や、別に誰も待ってないんだけど。^^;;;;;;
でも、そこは変に律義なんで、二言三言書こうかな。

えっと、まずは…
全編通してブルーを基調とした映像に入るノイズが
ホラーじみて、ニマっとしてしまう。
ふと、『世にも奇妙な物語』とか
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』なんかを連想してしまったわ。
さすが、どんなに礼儀正しかろうが、それに見えなかろうが
主人公は ”DEATH” のドラマ主題歌だからね。
イメージ的にはぴったりです。

残された時間を象徴するように、ダンスシーンにかぶせて
デジタル表示の時間がカウント・ダウンしていくのは、
なるほど~と思うのだけど、
命の時間って、デジタル表示じゃないような気がする。
それこそ、砂時計とか、ろうそくとか
百歩譲って、アナログ時計でしか、表せないように思うんだけど…。
命の終わりって、どこかファジーだと思うもん。
コンマ何秒で、計られたくない。 じゃない?

冒頭、書物がずらりと並んでいる書架が映し出されて、
その直後に辞書の1ページと思われるカットが入るのだけれど、
ほんの一瞬過ぎて、何のページかよく判別がつかない。
だけど、どうやら ”d ”のページみたい…。^^
つまりは、”death” を調べてるってことなのかな。
調べても、分からないことはあろうけど、ね。
(寧ろ、分からない部分にこそ興味ある♪)

曲調はミステリアスだけれど、歌詞自体はそれほどひねりのない
ストレートな表現のこの曲。
それに合わせるように、
どこか無理やりねじくれたような映像じゃないのがいいかな。
でも、あまりにも頻繁にカットが切り替わるので、
頭ン中がチカチカします。
もうちょっと、1つ1つを丁寧に見せてくれてもいいんだけどなぁ…。

あ、そうそう。
1か所「ん?もしかして、NGだったんじゃ…?」
ってところがあったんだけど、
あえてそれを使ったのは…
ユニットの持つイメージと個人のキャラゆえなんかな。
そのNG出した後の風景、ちょっと想像するのも
若干楽しめるってこと!?

って、結局…
結構楽しんじゃったわけね。
一時の迷いのくせしてね。ふふっ。


Secret