前回のプログラムでは
茂木健一郎先生が講義の先生でした。
今回のプログラムは
メンタリズムのDaiGoさんが先生でした。

メンタリズムは人心操縦術、読心術と理解すればいいのかな。

メンタリズムを理解して、
対人関係を良好に保つようにする。
ってのが、DaiGoさんのメンタリズムの出発点みたいでした。
”いじめられっ子だったから”って。

で、メンタリズムを用いて
勿論のことながら、人の表情や仕草を見て
上手く心理的な誘導をするって事はできるのだけれど、
今度はその心理的誘導をする相手を
自分自身にすると、なりたい自分になれる、と
DaiGoさんは仰っていた(と、私は解釈したんだけど…)。

例えば、
毎日5分の瞑想時間を持つ、とか
ちょっとだけ背伸びしたら届きそうな目標を定めたら
毎晩寝る前に紙に書き付けながら、声に出して言う、とか。
そうすると、他人に対してイライラしなくなったり、
なりたい自分になるための情報を拾いやすくなるアンテナが
ピッと立つって。

確かに、そうかもしれない。
自分や状況を客観視できることがイコール
イラつかない事には結びつくとは思わないけれど、
少なくとも、意識を変えることで、情報は目に付くように
なる気がする。

だって人は
見ようと思ったものしか見えないし、
聴こうと思ったことしか聞こえないものだから。

面白い♪
これは実践してみる価値ありでしょう♪

と、そこまでふわふわと思考を漂わせてみて
ふと、気持ちが立ち止まりました。



私………
なりたい自分を持ってない…。





・・・・・・・・・・・・・・・・。



あぁ、終わってるなぁ、私って。
つまりそれって




各務史は死人とかわらないってことだね。





Secret