2013.10.12 平和賞
平和賞…

話題の16歳の少女の受賞は無くて、
もし受賞すれば最年少での受賞になる、と
聞いていたので、若干惜しい気もしましたけど…。
受賞を理由に余計、命を狙われことも
想像できるのであれば、
やっぱり受賞できなくてよかったのかも。

子どもには教育を! それが男の子であれ、女の子であれ。
私の感覚では、”そりゃそうだ♪”ですが、
そう考えない人がいても… そうね、おかしくない。
だって、モノが解るようになって視野が広がると
支配者にとっては困るもの。
支配されてる側が、自分が本来持っているはずの権利に
気が付いてしまって、
それを主張されると、困る。

男性と女性で
向いていることとか、得意な事が違っていて、
だから、社会の中で担う役割が違っていても
それは、そうだよな~とは思うけど、
その役割に上下はないと、私は思うんだな。

家事は単純で簡単な作業だから
と言う理由で、自分の嫁を下に見るなんて、
本来最悪。
単純で簡単そうに見えるけど、
毎日休み無くってだけでも、結構大変だし、
家族がバラバラのスケジュールで行動してる中、
それぞれが気持ちよくいられるようにフォローするのは、
決して単純で簡単な事じゃないもん。

あ、ちょっと話がずれちゃった。

うんそうそう。
女の子にも教育は必要だと思いますよ。
少なくとも、読み書きと簡単な計算が出来るくらいの
最低ラインギリギリくらいのところまでは、
どんなに貧しくても、学ぶ権利はある思うよ、やっぱり。



話は変わるけど、
有名な賞のことを考えるとき、
候補にするらノミネートされない
無名の沢山の人たちの事も考えたりします。

平和であるために
幸せであるために
自分のためじゃなく、尽力する。

実は、たくさんの名もない人が
少しずつ少しずつやっているのかもしれないって
それこそ、行為の一つ一つは、塵芥のように
取るに足らない、ささやか過ぎる行為であっても、
その”ささやか”が集まると
結構大きな事になってたりするんじゃないかなって。

決してノミネートされる事はないけど、
ノミネートすらされないが故に
それって、却って尊い気がする。



Secret