自転車がペダル踏むごとに怪しげな音を立てて
しかも、ときどき”カクッ!”となるので、
ちょ~~~と、自分で見てみる事にしました。

たぶん、チェーンに不具合があるんだろうな、と
極々オーソドックスな推測の基
軍手して、ドライバー持って自転車へ。

ははっ! メッチャ怪しい。
ま、いいや。

でもね~、チェーンのあるところ、
カバーが掛かっちゃってるタイプ。
剥き出しだったら、もっと分かりやすかったんだろうけど…。

最初は取り敢えず、後輪から掃除してみる。
う~~~ん。音、相変わらずカラカラしてる。

前輪、すっぽり覆われてるけど、
どうしたらいいんだろう????
と、思ったら♪
ペダルのところ、開くようになってるじゃん♪

ネジを緩めて開けてみました!
あーーーー、これだわ。
チェーンのカバーにチェーンがぶつかっちゃってるのね。
これじゃあ、こすれて音が出るし、
摩擦でチェーンと歯車がずれそうになるわ…。

てこの原理でドライバーを突っ込んで隙間を作ってみる。
あ、ちょっといいかも。
でも、そしたら、今度はさっき外した部分が嵌らない。^^;;;

げ。
それでも、ネジ穴を合わせつつ、ちょっと無理やり嵌め込んでみる。
何とか嵌って、ネジを締めて…
車輪を回してみる…
あ、あれ? まだちょっとぶつかっているみたい?

途中、お出かけ先から帰ってきた義父に怪しまれてしまった。(笑)
「なにしてんの? 大丈夫? やってやろうか?」
いや…
なんつ~か、状況を説明するのが難しいんで。
「あ、大丈夫です、大丈夫です。」
って、返事はしたんだけど…。
傍に立って、ずーーーっと見てる。
ひぇっ! やりにくいよぅ。
どの道自分で何とかするんで、立ち去ってください。
心の中で、唱えてしまったわ。

もう一回さっきの部分外して、今度は、カバー全体を引っ張ってみる。
また、ちょっと無理やり嵌めて、ネジ締めまで成功。

車輪を回してみる…

♪♪♪
ふーーーーー。
嫌な音もしないし、ぶつかってる感じもない。

たぶん、直ったんじゃないかな!

手は汚れちゃったりするんだけど…
こう言う、ネジ開けたり締めたり
自転車の中身とかいじくっちゃうの結構好き。^^
(分解して、親に怒られちゃうパターンよね)

難しい事はできなんだけど、さ。
(パンクすらも自分じゃ直せない)
ふふ、男の子みたい、私。σ(^^;)
(あくまでも、イタズラレベルなので「子」と付けてみた)

このまま、直ってるといいな。




Secret