2013.07.01 いのち
Disc3が冠しているのは「いのち」。

今夜眠って、明日の朝を迎える。
そんな何気ないことが、実は奇跡の積み重ねなんだね。
って、おっしゃるお師匠さま。

正直言っちゃうと
それを実感はしてないのだけど…。
でも、仰る意味は分かる。

事故や災害にも会わず
事件にも巻き込まれないで居続けることが。
突然の病に倒れないと言うことが
実は大変なことなんだよね。

確率は低くとも、必ず毎日”誰か”が
事件、事故、災害、急病で命を落としています。
自分や自分に繋がる人たちが
その”誰か”にならないなんて
一体誰が言えるんでしょう?
一体誰が保障してくれるんでしょう?

と、そう言う事なんですよね?
生き延びることは実は奇跡だ!と言うのは。


さて、そんな「奇跡」をテーマに持ってきた1枚です。
重いです。^^;
入っている曲、入っている曲、重たい曲ばかりです。
そりゃそうか。
人の生命は地球より重いって言葉もありますもんね。
(諸手を上げて賛成はしかねるけど)

この1枚は、ちょっとお腹に力を入れてじゃないと
聴けないかも。
例えば、メロディーが優しげであっても
それについている詩が胸に迫ってくるものだったりするから。

大切な人と言うのは、
自分の状態がどうであれ、
相手の状態がどうであれ、
変わらず大切。

例えば、自分の命が尽きてしまっていたとしても、
大気のひとかけらになってでも守りたいと
思うもの… たぶん。

そんな「大切な生命」を感じる1枚。
音を支えきれずに、倒れそうです。^^;;;




Secret