2013.03.20 逃走中
小姫がとうとう逃げ出しました。


”辛いことから逃げ出す”


勿論、褒められたことじゃありません。
だけど。

チームメイトとの結びつきも弱く、
志も無きに等しく、
明日が見えない状況で
がんばれというのは酷かなぁと思ってしまった。

小姫は、小姫の視点でしかものを語れないので、
小姫からの状況説明がどれ程正確なのかは分かりません。

ではあるけれど、
少なくとも、小姫から見える世界はだらしなく理不尽。
私は、そういうのを良しとしない考え方なので、
自然、そういう価値観が小姫にもしみこんでおり、
約束事を簡単に反故にするような風潮は
小姫には許しがたく、耐え難い…。

加えて、練習していても本当に全く上手にならないので、
嫌気が差してしまったこともあるのでしょう。

それでも、尻を叩いて部活に出すべきなんだろうなと
思わないではないですが、
なんか… 頑張ったからって、だから何?
って、私自身が疑いを抱いてしまっていて、
小姫に強く言えません。

一所懸命やって、ひとり空回りして浮いて、
なのにヘタクソで、後ろ指差されるのだとしたら、
精神的に相当タフ(別の名を”鈍感”)じゃないと
やっていけないよなぁ…。

逃げてもいいよ

と、言った愚かな母の判断が
小姫の未来に影を落としたらどうしよう… (><。)

はぁ。迷う。



Secret