2013.03.10 やなりいなり
「しゃばけ」シリーズの第… 何弾だ?
まだ、文庫にはなっていないくらいの新しさです。(笑)

『こいしくて』『やなりいなり』『からかみなり』
『長崎屋のたまご』『あましょう』
の5編が収録されています。

さて。
この巻、某サイトのレビューで散々な言われようです。
だけどね~
やっぱり、この先の話も読みたいとなれば、
話が分からなくならないように
読まないでおくわけにはいかないでしょう!

で、読みました。

な、なるほど…ね。^^;
書かれていたほど酷くはないけど、
やっぱり少し、勢いが弱いかな~。

最初と最後の話は好きだけど、
中3つはあってもなくても大差ないと言うか…。
あとから何かの話に関連付け… られ… る… か?????

ま、私は単に読み手。物語の受け取り手に過ぎないので、
関連が生まれるにしろ、生まれないにしろ、
続く話が面白ければ、文句ありません。

神さまだから、とか、妖だから、とか、
人間だから、とか
それぞれにある力の限界と、思いと定め。

それを、ユーモアいっぱいに切なさも交えて
物語が出来上がっているのが好きです。

ただ、騒がしいだけの話じゃつまらない。
私がこのシリーズに求めるのは、
ドタバタコメディーじゃないから。

そういう点において…
う~~~ん。

ささ、次の巻に期待♪♪



Secret