2013.02.07 あなた次第
先日、PTAの役員会議に出席したわけなんですが。

当然と言えば当然、役員の半数くらいは3年生の保護者なんです。
だから、まさに入試受験の嵐の真っ只中の子どもを抱えています。

なんだけどね。

やっぱり、その状況の受け取り方と言うのも色々なんですね。
そんな、役員会議なんか出ている場合じゃないの!
って、発想の方もおられるし、
もう、どうしよう、どうしよう、どうしよう…
って、感じの方もおられるし。
あ、勿論、推薦でもう既に進路を決められている方も
おられますよね。

で、私。
まぁ…、大姫の受験結果、殆ど思わしくないんですが…。

でも、だからと言って、動揺はあまりなかったりします。
だって。
大姫の人生は、大姫のものですから
私、関係ないもん。

夢のとおりに歩いていくのもいいし、
叶わなくて、その道を歩いていけない場合も悪くない。
どうしても、夢を叶えたいのなら
叶える努力をするでしょう?

途中で潰えるとしたら、それはそれだけの覚悟しかなかったって
ただ、それだけのこと。

大姫の物事に取り組む姿勢を見ていて、
新体に関しては別として、それ以外のところでは、
あまりにも”甘え”が目立つ。
努力していないとは言わないけれども、気迫は感じない。
それが、どんな結果をつれてくるか
運がよくて、何とかなっちゃうか
運が悪くて、負のスパイラルに捕まるか
神のみぞ知る世界。

どの道をどんな風に行くのかは、自分次第。
あなたは、他の誰でもない、あなたを歩いていくしかない。

本人には、こんな風に直接言ったりしないけどね。
彼女には、私の言葉を聞く意思はないから。
私の言葉だと言うことが理由で届かないなら
紡いでもしょうがなもんね。

「言われなくても、分かってるってば!!」
なんでしょうから、ただ、静観。

そして、そして、Que sera sera



Secret