いのちのきっかけ。
地球上の哺乳類、爬虫類、鳥類で言えば交尾。
(あ、人間に限って言えば、性交って言う?)
だと思うんだけど、
それは、ちょっと置いておいて。

今日はもっともっと根源的なこと。
命はどっから来たのかと言うこと。

生まれる前の国。
と言う概念や言葉も好きだけど
それもこの際置いておいて。

命の元はどこから来たのか?

彗星に乗って遠く銀河のもっと星の混んだところから
もたらされた。
そう聞いたこともあったんだけどね。

もしかしたら、火星から来たんじゃないかって
そういう考え方もあるそうで。^^

ETとか、タコ型の宇宙人を想像しないでねっ。

もっと現実的な、微生物と言う形で存在した生命の形で
引力の少ない火星からやってきたのではないかと
そういうことらしいのですよね。

ざっと、40億年は昔のお話。

40億年!!
膨大すぎて、想像することすらできないような時間だけれど、
生命の変化は緩やかだから
そういう単位でも、ちっともおかしくない
と言うか、逆に
そういう単位でなければおかしいわけだけど。

水がなければ生命は誕生できない。
けれど、水しかないと生命は誕生できない。
そのなんとも微妙な条件を満たした場所が40億年前の
火星だったとか。

そして、火星からの隕石と言う形で、
宇宙空間を超え、地球にやってきたかもしれない微生物。
それが、地球の生命誕生のきっかけだった… かも。


こう言うことは、学のない私には検証のしようがないんだけど。
そして、
命がどこからやって来たのかと言うことを
たとえ知ったとしても、
なんら生活が変わるわけではないから、
どうでもいいことだと言われれば、そのとおりなんだけど。

だけど、ときめく。
アミノ酸がどーの
含まれる水分が抜けていかないと結合がどーの
細かい理屈は分からないとしても、
やっぱりときめく。

ロマンだよね、ロマン♪

ところでさ。
全くの素人の私だから言えちゃうことなんだけど
水を必要としない生命体
アミノ酸から成らない生命体って
存在しないって、どうして言えるのかな?
存在してても、別に不思議じゃない気がするんだけど…

どう思う??




Secret