先日、PTAの本部さんとの会議に出てきました。
もうすぐ、今年度の活動も終わるわけなんですが、
終わる=新規に始まる
でもあります。

分かりやすく言っちゃうと
来年度の役員の選出について、話し合いがもたれました。
ってことです。

子どもの年齢が下に行くほど、
つまり、若いお母さんになればなるほど
PTA役員の仕事に抵抗感があるし、必要を感じていない。
もうそろそろ、PTAと言う組織自体の運営が
出来なくなってくるんじゃなかろうか。

と言うシビアな意見が出ました。

上の子のときは、なんやかんや言って決まった役員が
下の子のときは、どんなに沈黙のプレッシャーがあっても
自分からやりますと言う人が出なくなった…。

のだそうで。
そ、そうなんだ。^^;
土地柄なのか、そういうのあまり感じてなかった…。^^;
高校は、あちこちから集まってくるからな。
いろんな価値観ありきなのね。

まぁ…。
この辺でも確かに
子ども会に加入しない子が出てきてたりしてるけどね。

で、ふと考えちゃうわけです。
こう言う、子どもの生活に関係するようなことであっても
役員って、必要?????って。
PTAの本部役員さんも含めて。

なんかもう… 分からなくなっちゃったなぁ。

いろんな学校の行事、
そう、例えば文化祭とか体育祭とか
役員の参加って言うのが勿論あるわけなんだけど、
じゃあ、なくちゃやれないのか???
学校のことを学校内でやりきれないのだとしたら、
その行事はやるべきじゃないのではないか?
会社の運営において、外部のボランティアさんの手は
借りないのと同じで。

なんか、究極そんなことまで考えちゃいます。

そもそも…
何なん? PTAって。
組織の形態だということは分かってるけど、
もうその存続の重要性が分からないよ。
自分、その中の1人ではあるけどさ。

お金が絡まない人間関係の中での役員の活動は
楽しいけどさぁ。
3年間、たっぷり楽しませていただいたけどさぁ。

お金を稼ぐことに結びつかない活動って
くだらないことなのかな。
そんなことに時間も労力も使うなんて
もったいなくてバカらしいことなのかな。

だって、みんな忙しいから。
そんなことに費やす時間なんてない。


押し付けあって、擦り付け合って。
みんなが嫌な思いする役員決め。
それに見合うだけの存在価値って、一体あるの???

だれか、明快に答えて欲しい。





Secret