月曜朝の段階で、
どうも、火曜日の天気が大荒れだと予想されました。
だって、雨雲の大きさ、尋常じゃなく大きいし。

どうしてなのか、花を植える日に設定した日に限って
雨が降ってしまう今年の委員会活動…。

私か!? 私の行いが悪いのか!?

な、なんかそんな気もしてますが、
そんなことを気にしている場合ではない!!!

躊躇している暇はないと、早々に委員の皆さんに連絡入れました。
「活動日、1日延期しても、出席可能でしょうか?」
と。

こう言うご時世なので、お母さんもとても忙しい。
委員会活動を延期したりすると、だから、
活動日に出席できない人が出てきます。
ってか、殆ど出席できないような状況になります。

だから、私が委員会に入ってから見てきた限り、
雨が降っても、台風が近づいてきていても
花植えを中止、もしくは延期することはなかったんです。
どういう状況でも、強行突破あるのみ!!で。

でも…
と、軟弱な私は考えちゃいました。
そんなに頑なにスケジュール守らなくたってよくない?
って。^^;

だから、とっとと行動を起こす!
一斉メールを使うという方法は有効ですが、
とにかく、仕事をされてるお母さんの目に留まるのも
いつになるか分からない…。

それでも、ほら、協力的な皆さんだからね♪
夕方までには、全員の都合が出揃いました。
結果、人数は半分になっちゃうけれど、延期を決めました。

ちょっと迷ったけれど、でも、延期してよかった。
9時前の状態は、どっっっしゃぶりです。
雷も鳴ってるし。
打たれて、黒焦げになってもねぇ? 食えないし!

とある1年生の委員さんが、
「各務さんだったら、もしかしたら、状況考えて
何がしかの判断してくれるかもって、メール待ってました。」
って。
(まぁ、1年生からは提案しづらいもんね、延期か中止って)
おめでたい私は、これは、ある種、信頼されているのだと
臨機応変に対応する力を認められているんだと
解釈して、
ちょっと、嬉しくなってます。

いいの!
単純な頭で、喜べるなら、そのほうが幸せなんだから!

ってことで、ちょっとだけ
そんなことを自慢してみました。^^





Secret