別に、音楽なんか聞かなくても生きていける。
と、思う。

音の一切を聞けなくなったら、
身を守るという観点からも、情緒的なことからも
かなり苦しいだろうけれど、ね。

だけど、音楽は嗜好品だから。
水や食べ物なんかとは違う。
なくても、命に関わるなんてことはない。

別に、殊更シャットアウトすることはなかったけど、
そんな風に、何となく遠ざかっていた旋律の世界。

勿論、全く聞かないってことはないのよ?

保育園も学校も”音楽の時間”ってものは、存在するし
外に出れば、ファミレスでも、スーパーでも
ゆるくBGMが掛かっているしね。
日常に音楽が浸透しているのは、よく分かってる。

でもそれは、聞こうと思って聞くような
能動的な行為じゃない。

で、今も、もう音楽がなくちゃ、夜も日も明けない!!
ってことはないんです。

ただ。
やっぱりなんかしらのチャンネルが開いているのかな。
やたら旋律が気になる今日この頃…。

ちょっと前にやたら”いのち”というキーワードに
呼ばれ続けたように、
立て続けに旋律が羽衣みたいに身にまとわりついてきます。

サントラCDを気まぐれに買っちゃったりとか、
東京のCDショップで、衝動買いしちゃったりとか。

お友だちのブログで紹介されていたユニットの音とか、
それを辿ったことで見つけた動画とか。

別に日常的にありふれたことなんだけど、
流れる旋律の世界が
「笑って。^^」
って、誘ってくれてるように思えます。

え? はい。幸せな思考形態の持ち主です。


友だちの紹介してくれたユニットはコチラ→The Piano Guys Official channel
それを辿って見つけたのがコチラ→Bus Station Sonata



Secret