2012.10.03 警告
ひっさびさに、ひっさびさに
お話書いてみました。

私のことなので、
”お話”と言うような可愛い展開ではまったくなく。
こう言う路線の話を
”おいもーーーっ!”とか、”ケロケロッ!”とか
いとけない子どもが大音量で叫んでる中書く私の神経は、
や~~~~っぱどっか、おかしい気がする… ^^;;;


えっと。
ちょっと、まえがき? あとがき?
いえ、言い訳を…。

今回テーマに選んだのは、”いじめ”だったりします。
それっぽくないかもしれないけど、そうなんです。

苛められる子と言うのは、
気が弱かったり、過ぎるほど優しかったり
とにかく、アベレージからちょっと外れちゃう子。
でも、外れていることはイコール悪いことってわけじゃない。
と、私は思っています。

だけど…
標的になっちゃうんだよね。

やるほうはさ、群集心理なんてのも手伝って
あんまり罪の意識なくやると思うんだけど、
やられるほうは、本当に死活問題。
いじめの質がそれほど悪質じゃなかった時代の育ちだけど
それでも、心に結構な傷負いましたもん、私も。σ(^^;)

いじめられている子が心優しい場合はいいとして
いじめられている子が私みたいな子だったら、
相手を八つ裂きにしてやりたいと思っているかも知れない。
きっかけ一つで、事態が逆転することがあるかもしれない。
これは、そんな物語。

さて、言い訳に話を戻します。

ストーリー的には、いつも書くものより長めです。
だけど、物足りない出来ではあります。
(いつものことだけど)

理由は分かってます。
主人公からして、その人物像の描写が少ない。
主人公がそうなのだから、その周りの人たちについては
もっと薄い。
主人公のクラスメートにいたっては、
名前が出てくるものの、普段の生活や性格の描写が
まったくない。
本来は、それなくして成り立たない話です。
だけど、そこを無理やりやっている。
これ以上長くなると、筆力でひっぱれないことも
分かっているから。^^;
(どの道ダメじゃん!!)

いつまで経っても、楽しんでもらえるレベルにならないのは、
ディテールを書き込んでも、興味を引張っておけるだけの
表現力がないことだよなぁ…。

って、今更だけど。

『物語の部屋』のほうで、説明のほうに書いてあるように
”窮鼠猫を噛む”のお話です。
最初に書いておきます!
救いはありません!!

救えない”闇への扉”へは、コチラです。→ 『警告』




Secret