東野圭吾さんのミステリーです。
映画公開が決まってますね。

舞台は近未来…、と言うほど未来じゃなく
ほぼ、現在。
今でも、顔認証システムとか、
道路に配置されていたりしますが
この小説は、それよりも更に一歩踏み込んで、
DNA捜査システムなるもので、
防犯および、犯罪の摘発しようとしている
と言う設定。
国民全員のDNA登録を目指していて、
その登録情報によって、情報管理&支配(?)する途中。

つまり、そのシステムが、最初にありきじゃなく、
そのシステムを導入していく最中の話になっています。
言わば、システムの草創期のころが舞台です。

システムは優秀で、犯人自身に前科がなくても、
年齢、性別はもとより
外見や、性格や、生活習慣や、病歴みたいなことまで分かってしまう。
その人に連なる親戚がもし、DNA登録していれば、
ピンポイントで犯人であることが分かってしまう。

まぁ、便利と言えば、便利。
恐ろしいと言えば、恐ろしい設備であります。

そしてそんな中起こった殺人事件。
システムの中枢とも呼べる人が殺害されるんですが、
DNA捜査システムを使って導き出された犯人が
驚愕の答え。
「えぇえええっ!? オレェェエエエッ!?」
みたいなね、話の展開になっています。

当然、犯人は自分じゃない(はずだ!)から、
逮捕されるのを良しとしないわけで、
警察から逃げ回る羽目になるんです。主人公がね。
しかも、他の人は頼れないような状況から、
自分で謎解きしながら。

ありがちなパターンと言えば、言える。かも。
そして、連続殺人の真犯人のパターンも。

それでも、そのシステムの面白さだったり、
主人公の抱える精神構造の妙で、読まされちゃいます。
そして、気がつくと最後のページ、みたいに。

主役と主役を追う刑事役は早々に発表になってましたね。

主役は私が想像したような
マッド・サイエンティストじゃありませんでした。
でも、
頭脳明晰、クールでシニカル。
なのに、精神的には非常に繊細で脆いと言う人物像。
文字の中では、易々とイメージを浮かべられますが、
それを、文字の世界から現実世界へ引っ張り出してくるのは
寧ろマッド・サイエンティストより、ちょっと難しいかも。

まぁ…
元々そう言うイメージもあることだし、
難なく演られちゃうんでしょうけどね。
途中で自分の価値観が大きく揺さぶられるシーンも
たぶん、お得意だろうし。

心配なのは、スズランと呼ばれる少女役かなぁ…。
ここさえクリアできれば
原作はエンターティメントに作ってあるから、
ドキドキハラハラの娯楽作になりそう。

え? 心に何か残すかって?
え~~~っとぉ~~~~。
そこは、訊かないでおいて。




Secret